*

初めて小説を書く人が知っておくべき3つの小説作法とは

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 小説ノウハウ

みなさんこんにちは、taskey U編集部の伊藤です!

taskeyに作品を投稿している皆様の中には、小説を書くのが始めてという方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな駆け出しクリエイターの皆様のために、知っておくと役立つ3つの小説作法を紹介します。

 

何を隠そう、私も昔から小説投稿サイトへの作品投稿を繰り返してきました。Web小説(特にスマホ小説)独特のルールもありますが、一般書籍のルールをそのまま踏襲した方が良いと言われているものまで、幅広いセオリーが溢れています。

今回はその中でも、作品の読みやすさを考えた際に効果の高い3つの作法について紹介します!

三点リーダは偶数個使う

4460976042_3daf75b6b6_z
Photo by Alan Cleaver on Flickr

駆け出しクリエイターの皆さんは恐らく、「三点リーダとは何だろう?」と思ったことでしょう。

「…」←これが三点リーダです。小説や漫画などで、よく沈黙を表す際に使われていますね。

初心者がやりがちなのは、これを「・・・」と中点を三つ使って書いたり、「…」と一つだけ使ったりすることです。

沈黙を表す際は、三点リーダを偶数個使うのが作法だと一般的に言われています。

×「なんだって・・・」

×「なんだって…」

○「なんだって……」

 

この作法に従うと、「……」よりも長い沈黙を現したいときは、三点リーダを4つ使うことになります。

ちなみに、ダッシュ「―」を使うときも、三点リーダと同じように偶数個(「――」や「――――」)で使うことになります。

なお、三点リーダやダッシュは多用しすぎると読者に煩わしさを感じさせるので、使いすぎにはくれぐれも注意が必要です。

感嘆符・疑問符のあとは1マス空ける

Punctuation marks made of puzzle pieces
Photo by Horia Varlan on Flickr

「!」を感嘆符、「?」を疑問符と言います。

感嘆符は、驚きを表したり強調したりするときに。疑問符は、疑問を表すときに用います。

これらの記号を使用したあとは、1字分のスペースを入れると文章がすっきりと見やすくなります。

つまり、

×「何だって?嘘だ!絶対に嘘だ!」

○「何だって? 嘘だ! 絶対に嘘だ!」

ということです。

 

ただし、カッコやかぎカッコの中で文章が終わるときは、スペースを入れる必要はありません。

×「何だって? 嘘だ。絶対に嘘だ! 」

○「何だって? 嘘だ。絶対に嘘だ!」

 

疑問符や感嘆符も、三点リーダなどと同じように、使い過ぎには気をつけたいですね。

閉じカッコの前には句点を打たない

8578279742_04b3237a53_k
Photo by Pedro Ribeiro Simões on Flickr

普通に書くときには、文章の終わりに句点(。)を打ちます。しかし、カッコを閉じる直前では打たないのが普通です。これは好みもありますが、現代小説は、一般的にこの作法にしたがっています。

×「俺は我を忘れて、ひたすら泣きじゃくった。」

○「俺は我を忘れて、ひたすら泣きじゃくった」

違和感がある方も中にはいらっしゃるかと思いますが、実はこの作法、まだできてから日が浅いんです。夏目漱石等の明治の文豪は、普通にカッコを閉じる直前にも句点を打っていました。昭和の作家である太宰治も、古い方の作法に従っています。

国語的に見ると色々問題もあるのですが、とりあえずこれから小説を書こうとする皆さんは、「閉じカッコの前には句点を打たない」と覚えておけばOKです。なお、一般書籍は、打たない方のルールに従って書かれています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

中級者や上級者の方々にとっては「よく言うよね!」「当たり前だ!」というような内容だったかもしれません。

ここで紹介した3つの作法は必ず守らなければいけないものではありません。Web小説では、読みやすさを考慮して行間を多く取った方が良い、といったような独自のルールもあります。なので、今回紹介した作法も時代に適応して変わっていったり、通用しなくなったりする場合があるかもしれません。

しかし、5年以上小説投稿サイトを見ている私の感覚では、やはりこの3つの作法は守っていて損は無いと思います。特に理由がなければ、従ってみてはいかがでしょうか。

私は三点リーダの作法を知らず、1年間くらい「…」一個だけで使っていました。創作の際の作法については、他者からなかなか指摘してもらえないですので、意識的に覚えていくと良いかもしれません。

今回紹介させていただいた作法について知らなかった方は、これを機に意識をしてみてください!

小説に関する作法は多くありますが、何よりも大切なのは、自分の中にある”物語”をカタチとして書き起こしてみる行動力だと思っています。そして、その際には、是非taskeyを利用していただけると嬉しいです。

taskey U編集部では、今後もクリエイターの皆様のサポートになるようなオリジナル記事を発信していきますので、楽しみにしていてください。

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

The following two tabs change content below.
伊藤 祥太
伊藤 祥太
「よく読み、よく書く」をモットーに。小説執筆に役立つ記事を書いています。「無間書房」という文芸同人の代表をしています。

関連記事

21_1

覚えやすさが大切! 登場人物の名前で気をつけたいこと

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 小説を書くとき、登場人物の名前はどのよう

記事を読む

企画書1

小説を完結させるために企画書を書いてみよう

みなさんこんにちは。猫屋ちゃきです。 私はtaskeyで何作か長編を公開していますが、実は

記事を読む

read2_01

校閲に対するネット作家さんたちの声を聞いてみた!『あなたは校閲を受けたことがありますか?』

こんばんは。来未炳吾です。 前回、「あなたの小説は校閲を受けていますか?『校閲の素晴らしさ

記事を読む

6245055011_90b2d8afdd_o

アイディアをコミックにする為に私がとった、たった3つの方法 – 第3回 – 執筆への姿勢

どうも神威遊です。 本連載では、私が小説家として作品を執筆し、コミカライズ出版に至るまでの体験

記事を読む

専門用語1

知識に振り回されそうなときは、「誰に向けて小説を書くのか」を考えてみよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 物語を書くとき、専門的な知識や用語が必要

記事を読む

100-1

原稿用紙換算100枚超えのリレー小説を成功に導く方法

日頃小説を書く方であれば、一度はリレー小説に挑戦したことがあるのではないでしょうか? ところが

記事を読む

hobby

なぜ多趣味な人は小説を書くのがうまいのか

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 私の周りには小説を書いている人たちが多

記事を読む

kamiiyusikirensaijutsu

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第一回プロットの準備(前編)

どうも神威遊です。 ありがたいことに、アンバサダーになって3度目のコラム連載を開始すること

記事を読む

blog-write

小説を書く人は、ブログも書いてみるべし

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 私は小説を書くのと並行してあとーす

記事を読む

kakosyousetu

書きかけの小説で、三年前の「過去の私」に会いにいく

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説の執筆は順調に進んでいますか?

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑