*

ファンタジー小説を書くときに気をつけたい3つのこと

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 小説ノウハウ

こんにちは、射月アキラです。

みなさんは、ファンタジー小説を書くときにどのくらい設定について考えていますか?

物語として長くなるほど、フィクションの設定は多く、濃くする必要がでてきます。

今回は、ファンタジー小説の設定で注意するべきことを話したいと思います。

99の真実で1つの嘘にリアリティを出す

07_01
Photo by A. Drauglis on Flickr

100の設定を作ったら、その全てに矛盾のない説明ができなければならないと思っていませんか?

小説のハウツー本を買いあさっていたころに読んだ『ライトノベルを書きたい人の本』という書籍に、心に残っている一文があります。

詐欺師が99の真実のなかに1の虚偽を混ぜることによって人をだますように、小説家は99のリアルな設定のなかに1の架空を混ぜて、架空の設定にまで説得力を与え、物語を盛り上げていくのである。

via:『ライトノベルを書きたい人の本』(成美堂出版) p.91

自分で作った設定は全て説明できるようにしたいと考えてしまいがちですが、実際にはそこまで厳密に考える必要はありません。

99の設定がしっかりと固まっていれば、1つ嘘をついていたとしても読者に信じてもらえるのです。

ご都合主義になってしまいそうな設定を1つ入れたかったら、それ以外の設定をきちんと裏付けすれば、「作者にとって都合のいい作品」という印象を抱かれずに済むはずです。

元ネタは原典を参照する

07_03
Photo by Michael D Beckwith on Flickr

先ほどの話と関連して、ファンタジーを書くときは「元ネタ」を参照しないことの危険性について知っておかなければなりません。

フィクション作品の設定には、多くの場合「元ネタ」があります。

ファンタジーの魔法やSFのオーバーテクノロジーなど、現実には存在しないものであっても、「元ネタ」を参照することで前項の「99の真実」とすることができるからです。

この場合の「真実」は、読者と作者が共有している前提知識。神話や民話、古典作品などで既に使われている、定番のアイテムや固有名詞を指します。

ファンタジー・SFは、この名前はあの神話に登場するな、このテクノロジーはあの作品から引用しているな、と「元ネタ」を知っているとさらに楽しめるジャンル。

ここで気をつけなければならないのは、前提知識が不足している場合です。

誰かが書いた設定の内、どこに元ネタがあり、どこからが創作なのかの区別をつけることができなくなると、読後に自分で創作するときに不都合が生じることがあります。

たとえば、誰かの作品を参考にして設定を作ったとします。

作品のなかで、「99の真実」を参照するならば「元ネタ」があるので問題はありませんが、「1つの嘘」を引用して使ってしまった場合、それは「他者作品のオリジナル設定」を意図せずしてパクったことになります。

ファンタジーの設定を考えるときは、ネット上の情報だけでもいいので、元ネタを参照するようにしましょう。

固有名詞を出して満足しない

07_02
Photo by Caden Crawford on Flickr

フィクションの設定を作ったとき、作品オリジナルの固有名詞が登場することは多いと思います。

人物の名前はもちろん、人物が所属する組織名や、オリジナルのアイテム、魔法の名前など、見慣れない単語が多くなってしまうことはよくあります。

そういった単語は少ないに越したことはありませんが、カッコイイ語感は残したい! というのがファンタジーを書く人の思考回路だと思います。

作品固有の名前が登場したら、それについてきちんと描写・説明をして、読者を置いていかないようにしましょう。

まれに見かけるのが、「(人物名)は(魔法の名前)を放った」というだけの魔法の表現です。

どんなに「名前そのままの現象が起こっている魔法」であっても、きちんと描写して読者に想像させるまでがファンタジー。

名前から全てを想像する力があるなら、読者だって書き手にまわって自分の好きな話を書いた方が楽しいはずです。

書き手が考えた世界を味わうために、読み手はファンタジージャンルに手を出します。

頭のなかにある世界を、可能な限り言語化するように意識しましょう。

おわりに

ファンタジーは、どこの投稿サイトでも充実しやすいジャンル。

他作品との差別化やスキルアップに、この記事が役立てば幸いです。

そして、taskeyに面白いファンタジー小説が増えることを、ファンタジー書きとして願っています。

それではみなさま、よい執筆活動を!


taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

The following two tabs change content below.
射月アキラ
taskey Uアンバサダー。 創作集団「ぐりむ☆りーぱー」所属。ネットの片隅に生きるファンタジー書き。 国際派投稿サイトtaskeyの存在を知ってソワソワする程度の壊滅的な英語力なので、とりあえずひとことだけ──Thank You for Your "Love it!" !!

関連記事

スライド1

一人称視点と三人称視点を小説ごとに使い分けよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 一人称視点、三人称視点といった言葉を聞い

記事を読む

01

小説のアクションシーンを簡単に書くコツ

こんにちは、射月アキラです。 文字だけでアクションシーンを表現することって、結構難しいです

記事を読む

白紙のプレッシャー1

小説を書く直前、白紙の原稿にプレッシャーを感じたときに試したい3つのこと

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「新しい小説を書こう」と思ったとき、一文

記事を読む

hobby

なぜ多趣味な人は小説を書くのがうまいのか

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 私の周りには小説を書いている人たちが多

記事を読む

Man Speaking Into Microphones

作品を読み続けてもらうために気をつけたい3つのこと

こんにちは、射月アキラです。 先日taskeyもβ版へ移行し、今後ますます掲載作品が増えていく

記事を読む

01

個性的な登場人物は、主人公ではなくサブキャラクターにした方がいい

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 うまく設定すれば物語を魅力的にしてくれる

記事を読む

talknovel

世界一簡単!「明日友達に話そう!」を5つ集めて小説を書く方法

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 今回は、小説って何を書いていいか分から

記事を読む

kamiiyu7

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第七回更新ページ目安

どうも神威遊です。 連載七回目の今回は、更新ページについてお話したいと思います。 ひ

記事を読む

kamiiyu2

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第二回プロットの準備(中編)

どうも神威遊です。 前回のプロットの準備・前編の記事ですが、驚くほど反響がありました。

記事を読む

文末表現1

「~る」?「~た」? 小説書きがつい気にしてしまう文末表現がどうなっているのか調査してみました。

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 #小説書きの悩みでもよく見かける「文末表

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑