*

taskey小説家インタビューVol.19 「城寺流勝(じょうじるーかつ」

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 taskeyユーザーインタビュー

みなさんこんにちは! taskey U編集部の伊藤です。

段々と暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか? 体調を崩さないようにお気を付けください。

さて、taskeyで『剣と魔法とベンチャーギルド』を人気連載中の城寺流勝(じょうじるーかつ)さんにインタビューのお願いをしたところ、快く引き受けてくださいました。

今回は、『剣と魔法とベンチャーギルド』の執筆経緯などから、人気作品を生み出す秘密に迫ります!

RPG×ベンチャーという発想

伊藤:本日はよろしくお願い致します!

伊藤:早速ですが、まずは自己紹介からお願い致します。

DRAtfs25
城寺流勝(@0o_ooo)

taskeyで『剣と魔法とベンチャーギルド』を連載しています、城寺流勝と申します。

プライベートでは「ワナビビビッ!」という小説情報サイトを運営しています。

伊藤:『剣と魔法とベンチャーギルド』を書こうと思ったきっかけを教えてください。

tSfT0-1k

表紙を担当したのはデビューを目指し、漫画家のアシスタントとして修行中の多和田真太郎さん(@taarethree)。表紙から溢れる迫力がすごい……。

他のサイトで別作品を連載していたことはあったんですけど、よく名前を聞いていたtaskeyに連載するとどんな感じになるんだろうというのを考えて、試しに投稿してみようと思いました。それが書こうと思ったきっかけの一つですね。

それで、何故あの作品になったかというと、実は最初は特に考えてなくて(笑)

taskeyを最初に見たときに、表紙とかイラストが映えるサイトだなと思ってたんですよね。それなら、ライトノベルにした方が表紙が映えるし、Twitterでの反応も良いと考えたので、新しく作品を書いてみました。

伊藤:最初は特に内容が決まっていなかったということですが、それでは何故、「RPG」と「ベンチャー」をかけあわせようという発想に至ったのでしょうか?

元々は、漫画っぽい現代ファンタジーを書きたいっていうのがずっとあって。

でも、「現代っぽいファンタジー」というだけだと特徴に乏しいので、何か面白い要素を一個付けたいなあと思いました。

僕はITの会社が好きなので、それに絡んだ感じにしようと思ってたんですけど、絡ませすぎると漫画っぽくならないので、薄っぺらく名前だけ借りようかなと思って、あの形になりました。

伊藤:『剣と魔法とベンチャーギルド』登場人物は、外国人の設定ですよね?

元々は日本を舞台にしていたんですけど、それだとファンタジー感が出なくなっちゃうので。
あと、漢字でファンタジーやっちゃうとダサくなる。

それから書こうと思っていた時に丁度NARUTOが完結したこともあって、作者である岸本さんのインタビューをよく読んでいたんですけど。
外人から見た忍者像というのが、NARUTOのイメージだっていうことを岸本さんが言っていて。

それで、僕は岸本さんの話から、「日本から見た日本が好きな外人」のイメージを書きたいと思ったんですよね。そこから主人公のレフが生まれました。
レフは凄く日本が大好きなんですけど、そういう人間が書きたかったんですよね。

好きな作家は伊坂幸太郎さん

伊藤:好きな作家は誰ですか?

僕の文体とは全く噛み合わないんですけど、伊坂幸太郎さんが大好きです。キャラクターを作るセンスが凄いなと思いますね。

会話がめっちゃ好きなんですよ。掛け合いが多いじゃないですか。そういうのが大好きで。

伊藤:伊坂幸太郎さんの作品って、いわゆる「変人」が多いですよね。例えば、『砂漠』の西嶋とか。

そうですね。僕が一番大好きなのは、『チルドレン』の陣内ですよ。めちゃくちゃな理論を、強気に言っていく感じがいいですね。

伊藤:伊坂幸太郎さんの作品で、一番好きなものは何ですか?

キャラクターだとさっきも言った『チルドレン』が一番好きなんですけど、総合的に好きなものだと『重力ピエロ』とか、『陽気なギャングが地球を回す』が好きですね。

『陽気なギャングが地球を回す』は、良い四人の強盗が出てきて、悪いことをしている感じがしないのが面白いです。それと、あのチーム感も好きですね。

伊藤:それでは、作品を書くにあたって影響を受けた作家はいますか?

この作品に関しては色濃く影響を受けた作家さんはいません。

ただ、僕は中高生の頃に「入間人間」さんの小説が大好きだった影響で何も考えずに書くと書き方が似る傾向にあると思います。入間さんの作品は文体が特殊で、何気ない描写を書いているだけなのに読んでいて楽しいんですよね。ただ僕がそれを真似すると一文がくどくなってしまうので、短く切ることを意識しています。

だからこそ、『剣と魔法とベンチャーギルド』では一文を短くするように心がけています。

伊藤:「この人は凄い!」と思う作家っていますか?

伊坂幸太郎さんは面白いし凄いと思うんですけど、その他で強いて言うなら、中村文則さんは凄いと思います。

最近読み始めたばかりなのであまり詳しいことは言えないんですけど、読んでいて映画を観ているような感覚になるんですよ。会話文が少なくて、視覚描写がずっと続いていく感じ。

地の文が続いている中で携帯電話が鳴るシーンがあると、「ビクッ!」ってなるくらい驚くし、それくらい入り込んでしまいます。

伊藤:なるほど、伊坂幸太郎さん、入間人間さん、中村文則さんの三人ですね

小説創作者向け情報サイト「ワナビビビッ!」

伊藤:小説創作者向け情報サイト「ワナビビビッ!」を運営されている城寺流勝さんですが、まずサイトをやろうと思ったきっかけを教えていただけますか?

CoDOpZJc
ワナビビビッ!

LIGブログというブログが大好きなんですよね。それで、このブログを運営している目的や意図を調べていたんですけど、もちろん宣伝の意味もありながら、社員のスキルをアウトプットの場として利用しているそうなんですよね。

それで、僕ももっとラノベに詳しくなりたいと思っていたので、ラノベの情報とか小説の書き方とかをアウトプットする場としてサイトを作ろうと思いました。それが理由の一つですね。

もう一つの理由は…。ラノベって一般的な文芸作品と比べてレベルの低いものとして認識されることが多いですよね。そういうのをどうにかしたい、同じレベルに引き上げるとかそういう発想ではなくて、全く別の物だということを伝えていきたいと思っています。

ワナビビビッ!を運営している理由をまとめると…。一番は自分のアウトプットの場であるということ。そして、小説とは別ジャンルのものなんだよ、ということを伝えたい、ラノベを知らない人にもっと知ってもらいたい、という考えで運営しています。

伊藤:ワナビビビッ!の今後の展望を教えていただけますか?

現状は好き勝手に記事を書いてるので専門性がやや低いですけど、最終的にはラノベのことを知りたければ、まずはワナビビビッ!を見ようと思ってもらえるようなサイトにしたいですね。

個別の情報を調べる為に使ってもらってももちろん良いんですけど、漠然と「ラノベのことを知りたいなあ」という人が訪れるサイトにしたいですね。面白いラノベは何だとか、最近の傾向とか、新人賞についての情報を載せるとかして。

それから、新聞よりも雑誌に近いサイトにしていきたいと考えています。情報を載せるだけに留まらず、コラムを書いたり、他にも企画記事を書いたりして。情報を得ることができるのももちろんなんですけど、楽しんで読んでもらいたいですね。

小説は、「続きから始まったように書く」ことが大事

伊藤:taskey Uをご覧の皆様、そして、これから創作活動の第一歩を踏みだそうとしている皆様に向けて、一言お願い致します!

別に僕自身書くのが上手い人ではないのであまり偉そうなことは言えないので、自分が気をつけてることを書かせていただきます。

まだ小説を書いたことが無い人は、何かの真似でも良いし、内容がどんなものになっても良いので、とりあえず書いてみることだと思います。絶対に楽しいので。

あと、好きなキャラクターを書いて欲しいですね。話を書こうとすると、うまくいかないと思います。僕は、小説はキャラクターが大事だと思っているので。
キャラクターを書くには、自分の身近な人を参考にするのがおすすめです。身近な人で良い人がいなければ、キャラクターの強い芸人さんを参考にするのもアリですね。

あと、二人組にすると話は進めやすいと思います。どうしても主人公に自分を投影しちゃう人が多いので、もう一人を違う感じのキャラクターにしてみるとかして。なるべく変な人が良いですね(笑)
基本的には、自分がツッコミ側に回りたいという人が多いので、いかにボケを他のところから持ってこれるのかということが大事だと思います。

話の途中から始めることも大事ですね。学校物を書く時は、入学式のシーンとか校門から入るところとかはじめるとテンプレになってしまうので、避けた方が良いです。
それから、「後ろから石を投げられた」ような感覚にさせることも大事です。そういうところは、『階段途中のビッグノイズ』とかを書いている越谷オサムさんの作品が参考になりますね。
話を書きながら考えるのではなく、先に作っておいて、そこまでいかに導入を作っていくのかを考えると、話に入りやすくなります。

伊藤:最後に、今後taskeyに期待することがあれば、よろしくお願いいたします!

僕はtaskeyの理念が大好きです。コンテンツのあり方を変えようとしている点が魅力的ですね。

taskeyから第二の『ハリーポッター』や第二の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を生み出すことができるような、そんなプラットフォームになってほしいなと考えています。

インタビューを受けていただき、ありがとうございました!
私も伊坂幸太郎が大好きなので、伊坂作品について盛り上がりました。

ライトノベルを含め、今後の「小説」がどのように変化していくのか注目ですね!
taskeyも、新しい小説の形を提供するのに適したプラットフォームを目指していきたいと考えています。

インタビューの後にNARUTO展へご一緒したのですが、とても楽しそうに展示を見ておられて、本当にNARUTOが好きでエンタメも好きなんだなあと思いました。
『剣と魔法とベンチャーギルド』も楽しみにしていますが、次の作品にも期待です!

 

城寺流勝さんの作品を読まれたい方はこちら!
城寺流勝(じょうじるーかつ) | taskey

 

 

※taskey Uでは、小説家の方に対しインタビューを行っています!インタビューをご希望の方は、info@taskey.me宛に以下の事項を添えてご連絡ください。自薦・他薦共に随時受け付けております。

■お名前(著者名)

■あなたの小説作品のURL(※他サイトでも構いません)

■400字程度の作品の紹介

The following two tabs change content below.
伊藤 祥太
伊藤 祥太
「よく読み、よく書く」をモットーに。小説執筆に役立つ記事を書いています。「無間書房」という文芸同人の代表をしています。

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

taskey小説家インタビュー Vol.11 「桜林薫」

みなさんこんにちは!taskey U編集部(以下、「編集部」)です。   本日

記事を読む

e7d0567d05a72978f50fcd78c1b7cb49

taskey小説家インタビュー Vol.5 「三木 靖也」

taskey Uでは、人気の小説家に対し、定期的にインタビューを行っています。気になるあの作品は、ど

記事を読む

df1f3d45177d699421b11fe6da32c7b5

taskey小説家インタビュー Vol.8 「神威遊(かみいゆ)」

みなさんこんにちは、季節の変わり目に、秋花粉と戦っているtaskey U編集部(以下、「編集部」)で

記事を読む

YuiInterview

taskey小説家インタビューVol.20 「結」

みなさんこんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 4月から新生活が始まった方は多い

記事を読む

8920fb0897a265ead4c17bb27294b7e2

taskey小説家インタビュー Vol.6 「月下 遊魚」

みなさんこんにちは!蚊に怯えながらも、今日も半袖のtaskey U編集部です。 taskey

記事を読む

76c698f4747a686a0451461b47630e3b

taskey小説家インタビュー Vol.15 「丹一」

みなさんこんにちは! いよいよ年の瀬の足音が聞こえてまいりましたが、年末はいかがお過ごしでしょうか?

記事を読む

2d75f5e50268646a30fe5734a4fed1aa

taskey小説家インタビュー Vol.4 「nyan」

taskey Uでは、素晴らしい小説家さんたちにインタビューをしています!  

記事を読む

hyousisasikae

taskey小説家インタビュー Vol.1 「kao._.」

taskey Uでは、素晴らしい小説家さんたちにインタビューをしています!  

記事を読む

13978313442_7d826309e6_k

taskey小説家インタビュー Vol.18 「日野貴之」

みなさんこんにちは! taskey U編集部の伊藤です。 暖かい日が続くかと思えばまた寒くなり

記事を読む

9631594608_bf21dc8c32_o

taskey小説家インタビュー Vol.10 「numaza0」

みなさんこんにちは。taskey U編集部です。 前回のインタビュー(taskey小説家インタ

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑