*

Web小説と書籍小説 8つの違いと考察 第7回~図書館と書店?~

公開日: : 最終更新日:2015/06/18 小説

どうも神威遊です。
7回に渡り連載してきましたこのコラムも、遂に最終回となりました。

さて、今回は両小説をどのように捉えるか、というところに焦点を置いています。読者として、作者としてのメリットデメリットをしっかりと覚えておきたいですね。

借りるか、買うか

16438065636_9f1402afda_oPhoto by Michael D Beckwith on Flickr

基本的にweb上しか読むことのできないweb小説は、ブラウザ上でしか閲覧出来ないため『借りて読む』感覚によく似ています。

一方、書籍小説は逆に端末にダウンロードし、『買って読む』という方式なため、この二つを分かりやすく例えるならば、

  • web小説は、『図書館』
  • 書籍小説は、『書店』

という感じでしょうか。

図書館には色々な作品が何百も何千も本棚に並んでいますが、それらを持ち帰り自分のものにすることはできません。その代わり無料です。
しかしそれはあくまで『借り物』であって、返却期限が存在します。期限がくれば返さなければなりませんし、閉館時間になれば、図書館からでなくてはなりません。

図書館でいうところの期限や閉館時間という制限は、web小説においては『オンライン』という環境にあたるのではないでしょうか。
前回も書きましたが、web小説はオンライン環境下でしか閲覧することができません。

対して『書店』である書籍小説は至ってシンプルです。
沢山の本の中から欲しいものを選び、代金を払って購入する。購入した本は、完全に自分の物ですし、場所を選ばずどこでも読むことが出来ます。

紙の書籍ならば形があるため、濡れる・燃える・紛失するというリスクがありますが、電子書籍ならばアカウント情報さえ紛失しなければいくらでも復元が可能です。
ですが、それもアカウントを紛失してしまえば、本棚に並んだ全ての本を失ってしまう……という恐れもあります。

両者にメリットとデメリットがあります。皆さんの中にも、書店と図書館をうまく使い分けている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

web小説と書籍小説においても、両者の違いを見極め、用途に合わせて使い分けることが大切ですね。

印象とイメージ

6277337422_28e50f7287_bPhoto by Jon S on Flickr

日本には沢山の企業があり、世界的な展開をしている企業も珍しくありません。
そんな国内の企業のビジネス文書……報告書や挨拶状などにも沢山の種類があります。
それらの『ビジネス文書』は、どの企業でも全て「横書き」が一般的ですよね。

書籍や新聞などでは縦書きのものがほとんどですが、普段の生活の中で目にするのは圧倒的に横書きの文章なのかもしれません。新聞の折込チラシや、巷にあるポスターは横書きが非常に多いです。

そう考えれば、すでに横書きは充分市民権を得ていて、web小説がこれからもっと席巻するのかもしれませんね。

ですが日本人に馴染みの深い縦書きの文化が廃れることはないでしょうし、、だからと言って横書きが無くなることもあり得ないでしょう。

書籍小説で作家として生きていきたいという方は、相当の覚悟と決意が必要かと思いますが、この世界で成功すると大きな見返りがあるのではないでしょうか。
それこそ華やかな暮らしも夢ではないのかもしれません。

その門戸が『書籍小説作家』にしか開かれていないもの……というのはもはや過去の話です。
『Web小説クリエイター』が発信した作品から書籍化したり、映画化したり、コミック化したり……と、決して書籍小説だけにしかチャンスがあるわけではないのです。

そんな、選択肢の中で選べる自由はある意味では『不自由』なのかもしれません。
しかし、その『不自由で自由な選択』にこそ喜びが潜んでいると信じましょう。
なぜなら、貴方はもう物語を生み出す作家であり、クリエイターなのですから。

総括

如何でしたでしょうか。私の主観でお話ししてきましたが、小説をこれから書こうと思っていらっしゃる方、あるいはもう書いている方のお役に立つことは出来たでしょうか?

今後、小説だけに留まらず出版界は多様化していくと思います。今のところ、『Web小説』と『書籍小説』が主な発表形態ですが、この先もっともっと作品を発表できる場所は増えるかもしれません。

その時に備えて、色々な方法での執筆環境を知っておくのがいいかもしれませんね。
皆様の執筆活動を私神威遊も応援しています。

ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございました!

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

The following two tabs change content below.
神威遊
taskey Uアンバサダー。どうも神威遊です。taskeyをはじめに、エブリスタ・小説家になろう、そしてkindleでも活動しております。コミック『エンジ十二紋刀録』の原作者の顔もあり。オールラウンダーな作家を目指して精進中。

関連記事

akuta-heikin-kouho

芥川賞受賞までの平均候補回数はどのくらい? 実際に調べてみました!

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 先日、第153回芥川賞・直木賞の発表が

記事を読む

空23

――心象風景を解き放つ 高瀬の物語への想い

こんにちは、高瀬です。物語を作り始めて早2年が経過し、3年目となる2015年も終わろうとしていま

記事を読む

motikomi1

出版支援サービス「モチコミ」が自費出版の未来を変えるかもしれない

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 皆さんは、「自費出版」に対してどのよう

記事を読む

uyghj

ブックオフオンライン年間ランキングを、編集部スタッフがガチで予測してみた

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 私はブックオフが大好きで、ふらりと出か

記事を読む

syoukyoku (1)

小説を書くという“消極的”な選択について

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 あなたが小説を書く理由は何でしょうか。

記事を読む

taskeyQ

【taskey Q】読書の記録や読書ノートはとっていますか?

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 今回は新企画「taskey Q」を

記事を読む

kakikata

小説の書き方を発信し続ける理由 「小説を書くのが恥ずかしいと思っていた」

こんにちは、tsakey U編集長の伊藤です。 今年の1月からtaskey Uでの記事

記事を読む

sogebu

『とある魔術の禁書目録』で「そげぶ」と言った回数を調べてみた

鎌池和馬作の人気ライトノベル『とある魔術の禁書目録』。 人気の理由は様々ですが、主人公・上

記事を読む

25_1

大学で小説創作を学ぶということ

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「小説を書くことを学ぶ」というと、みなさ

記事を読む

批評の心構え1

初めての批評をするときに持っておきたい5つの心構え

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 自分で書いている作品に感想・批評を貰うた

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑