*

世界一簡単!「明日友達に話そう!」を5つ集めて小説を書く方法

公開日: : 最終更新日:2016/03/16 小説ノウハウ

talknovel

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。

今回は、小説って何を書いていいか分からないという人の為に、世界で一番簡単なネタ出しの方法を紹介しようと思います。

0から1を生み出すのはとても大変な作業です。机に座ってうんうん唸っていてもネタは出ないのです。

ところが、ネタは日常生活にごろごろ転がっています。

「明日友達に話そう!」を集める

スライド2

普段生活をしていると、「明日友達に話そう!」という小さなエピソードができることってありますよね。

別に、「家族に話そう!」でも「恋人に話そう!」でも良いのですが、とにかく、生きていると誰かに伝えたいことが日々生まれていくと思います。

誰かに話したくなるということは、その話題には「会話が盛り上がる」という要素が含まれているはずです。まあ、「家の猫が死んでしまって…」みたいな話だと場が盛り下がる可能性もありますが、ちゃんと話を聞いてくれる人もいますし、小説に書くこととしては十分すぎる話題です。

それで、会話が盛り上がるような話題ということは、小説が盛り上がる可能性も秘めているということなんですよね。

朝起きて何か食べようと思ったら、冷蔵庫に何も無かったので仕方なくマヨネーズを食べたとか、コンビニの前で知らないおじさんに「煙草くれない?」と言われたりだとか(どちらも僕の経験談です)、そういうことを誰かに話すのではなく、メモをして貯めておくのです。

「奇妙な一日」というタイトルで小説を書けばいい

スライド3

こうして誰かに話したいネタを5個貯めると、それだけで「奇妙な一日」という小説が出来上がると思います。

誰かに話したいことって、一日にそう何回も起きませんよね。それを一日の中に詰め込んで、数ページの短編にすれば、それだけでその作品は面白くなるはずです。

また、その奇妙な行動にある一定の特性を見つけて、それを主題にすることも可能です。

さっきの例でいくと、マヨネーズだけを食べるなんていう非常識な行動を取ったことで、煙草をくれと非常識な絡まれ方をしたのかな……という風に、二つのエピソードを繋げることができます。

もちろん、5つを寄せ集めて無理に小説を書く必要はありません。こういうエピソードをいくつか貯めておいて、物語のエッセンスに使用すれば良いのです。

小説を書く際には大きなテーマがあると思いますが、それを形作るのは、小さな一つひとつの出来事です。日頃から自分が体感したエピソードを貯めておけば、そのテーマにあったエピソードを選んで挿入することができます。

「死んだ物語」を生き生きと

スライド4

小説というのは、基本的に「死んだ物語」です。実際にいない人物が、実際には無かったことをしているのですから、手を抜いたらすぐにリアリティが失せてしまいます。

しかし、「死んだ物語」を生きているように見せることは可能です。その手っ取り早い方法は、私たちが実際に体感している「生きている物語」のエッセンスを「死んだ物語」に輸入することなのです。

「友達に話したい!」というのは具体的な「生きている」エピソードです。そのエピソードに出会った時、自分がどのような気持ちになり、どのような行動を取ったのかということが、記憶の中に鮮明に残っているはずです。

それを「死んだ物語」に注ぎ込むことによって、その作品はリアリティを帯び、生き生きとした小説になっていくことでしょう。

140字小説にするのもおすすめ

スライド5

日々感じたことを、140字小説として残しておくのもおすすめです。

140字小説には基本的には1つのエピソードで書くのが限界なので、メモにはうってつけと言えます。

さらに、単なるメモだけではなく、作品としての性格も帯びています。描写の練習にもなりますし、ポートフォリオの一部とするのも良いですね。

たとえば私は以前、所属している文芸同人「無間書房」のTwitterで、こんな140字小説を投稿しました。

5月の終わり、路地裏を一人歩いていて感じたことを、ほとんどそのまま書いています。

他の人も共感できることかどうかは分かりませんが、真っ白な空と静かな路地裏という組み合わせに、なんとなく悲しくなってしまいました。

そこで悲しさを紛らわすために音楽でも聴こうとイヤホンを耳に入れたわけですが、シャッフルで流れてきたのはフジファブリックの「赤黄色の金木犀」。当時ヴォーカルだった志村さんは、2009年に亡くなっています。

そこで更に悲しくなってしまった私は、悲しみの原因を全て白い空のせいにして、「夜の匂いが恋しくなった」わけです。

自分の作品を解説するというのは何となく恥ずかしいものですが、140字小説が日々のエピソードを記録するのにうってつけだということがお分かりいただけたのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

ファンタジー小説など、現実世界とはかけ離れた世界を書こうとしても、物語の中心は「人間」であることが多いでしょう。

「明日友達に話そう!」を貯めると、「人間」をリアルに動かすことができます。どんなジャンルの小説を書くにしても、これは重要な技術になります。

メモ帳にひたすら記録するのもアリですし、気が向いたら、140字小説にも挑戦してみてくださいね!

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

関連記事
何も考えず外へ出よ! 執筆が行き詰った時の気分転換
何かを創作しようと思った時に試す3つの発想法
小説を書く人は、ブログも書いてみるべし

The following two tabs change content below.
伊藤 祥太
伊藤 祥太
「よく読み、よく書く」をモットーに。小説執筆に役立つ記事を書いています。「無間書房」という文芸同人の代表をしています。

関連記事

20_1

小説を書くなら気をつけたい、物語の「時間」に関する3つのこと

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 今年ももう半分が終わろうとしています

記事を読む

04_02

魅力的な登場人物の作り方・書き方

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 新年度が始まって1ヶ月が経ちましたが、新しい

記事を読む

漢字バランス1

ひらがな・漢字のバランスは大丈夫?小説を書くとき、ひらがなにした方がいい漢字の見分け方

読みやすい文章を書こうとして、意味を伝えやすい漢字を多用していませんか? 表意文字である漢

記事を読む

tvgame

コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、現代の若い世代は「デジタルネイ

記事を読む

kamiiyu7

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第七回更新ページ目安

どうも神威遊です。 連載七回目の今回は、更新ページについてお話したいと思います。 ひ

記事を読む

kakosyousetu

書きかけの小説で、三年前の「過去の私」に会いにいく

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説の執筆は順調に進んでいますか?

記事を読む

07_01

ファンタジー小説を書くときに気をつけたい3つのこと

こんにちは、射月アキラです。 みなさんは、ファンタジー小説を書くときにどのくらい設定について考

記事を読む

blog-write

小説を書く人は、ブログも書いてみるべし

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 私は小説を書くのと並行してあとーす

記事を読む

白紙のプレッシャー1

小説を書く直前、白紙の原稿にプレッシャーを感じたときに試したい3つのこと

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「新しい小説を書こう」と思ったとき、一文

記事を読む

企画書1

小説を完結させるために企画書を書いてみよう

みなさんこんにちは。猫屋ちゃきです。 私はtaskeyで何作か長編を公開していますが、実は

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑