*

これから読み始める人へ!森見登美彦のおすすめ小説5選

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 おすすめ小説

morimi高校生のときに、初めて森見登美彦氏の小説を読んだ日のことを、今でも忘れることができません。

『夜は短し歩けよ乙女』を手に入れた私は、徹夜して一気に読んでしまいました。

これまで夜を徹して読んだ本は、これと綿矢りさ氏の『蹴りたい背中』しかありません。

その後、私は貪るようにして森見登美彦氏の作品を読みました。今では、大好きな作家の一人となっています。

今回は、「森見登美彦って名前は知ってるし興味はあるんだけど、どれから読んだら良いの?」という方のために、おすすめの森見登美彦作品を5つ紹介いたします!

『夜は短し歩けよ乙女』

森見登美彦氏の出世作と言えるでしょう。上にも書いたように、私もこの作品で森見ワールドと出会いました。

彼の魅力は、なんと言ってもその文体と不思議な世界観にあります。衒学的で不真面目な主人公を、読んだ瞬間から愛さずにはいられません。

京都の街で繰り広げられる、どこまでも馬鹿馬鹿しくて楽しい世界に浸ってみてください。抜け出せなくなること請け合いです。

『四畳半神話体系』

ノイタミナ枠でアニメ化されたので、そちらで名前を知っている方も多いのではないでしょうか。

『夜は短し歩けよ乙女』と世界観は似ているのですが、こちらの方がより構造的な作品となっています。

京都に住むある大学生の、4つの可能性の話。「あの時ああしていれば…」なんていう空想を人間はよくしますが、この物語内ではそれが実現されています。

それぞれの話は、登場人物は共通でも話につながりがあるわけではありません。しかし、最後に…! 読後感は、森見登美彦作品で随一です。

恋文の技術

物語は、ある一人の男性からの手紙の内容を記述する形で進行していきます。いわゆる「書簡体小説」です。

読者は、物語の全貌を手紙を読みながら類推することしかできません。しかし、そこが面白い!

書簡体小説自体は、ゲーテが『若きウェルテルの悩み』で用いたくらい古くからあるものなのですが、森見ワールドと融合することで、別の可能性を見せてくれています。

【新釈】走れメロス 他四篇

森見登美彦氏による翻案短編小説集。以下の5作品が翻案されています。

  • 中島敦『山月記』
  • 芥川龍之介『藪の中』
  • 太宰治『走れメロス』
  • 坂口安吾『桜の森の満開の下』
  • 森鴎外『百物語』

原典となっている小説もすべて短編なので、ぜひ読み比べすることをおすすめします。

表題作である『走れメロス』は、国語の教科書で読んだことのある方も多いのではないしょうか。『四畳半神話体系』などの世界観を引き継ぎ、全く新しいメロスの世界を創りあげています。

かと思えば、『藪の中』の描写はとても美しく、純文学的な匂いも感じ取ることができます。

宵山万華鏡

ここまで紹介した作品は、どちらかといえば娯楽性が強いのですが、この『宵山万華鏡』は非常に幻想的な作品になっています。

そして、これは他の森見登美彦作品にはない特徴だと思うのですが、読んでいて背筋が凍るような瞬間があります。

無限の京の街に引きずり込まれていく感覚は、一度読むと忘れることができません。

まとめ

以上、森見登美彦氏のおすすめ小説を5作品紹介いたしました!

森見登美彦作品の魅力は、衒学的でユーモアあふれる文体。それに負けない独特の森見ワールド。読めば京都の街に行ってみたくなることと思います。

また、森見登美彦氏は『奇想と微笑』という傑作選を編むほどの太宰好きとしても知られています。

太宰を読んだことがない方は、こちらにもぜひ挑戦してみてくださいね。

 

文豪にチャレンジ!太宰治の入門的おすすめ小説5選 | taskey U文豪にチャレンジ!太宰治の入門的おすすめ小説5選 | taskey U

 

●森見登美彦『奇想と微笑―太宰治傑作選』

 

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

The following two tabs change content below.
伊藤 祥太
伊藤 祥太
「よく読み、よく書く」をモットーに。小説執筆に役立つ記事を書いています。「無間書房」という文芸同人の代表をしています。

関連記事

Moon Trek

クリエイターなら読んでおきたい! 海外小説10選(SF編)

Photo by photophilde on Flickr みなさんこんにちは。taske

記事を読む

ishin (1)

『戯言シリーズ』から学ぶ 西尾維新の小説の魅力!

こんにちは taskeyアンバサダーの双葉彩葉です! さて、今回の記事は私が愛してやま

記事を読む

tabemono_syousetsu

食べ物が美味しそうな小説7選

こんにちは、猫屋ちゃきです。 日に日に秋が深まってきていますね。 秋といえば皆さんにとっ

記事を読む

Evernote Camera Roll 20151113 090158

もしも記憶が消せるなら……?ノスタルジックホラー小説 織守きょうや『記憶屋』

導入としてはいささか唐突ですが、『記憶屋』の主人公である遼一の言葉を引用します。

記事を読む

hyuka

ほろ苦い青春ミステリ小説 米澤穂信「古典部シリーズ」

皆さん、ミステリはお好きでしょうか? 私は別段好きというわけではないのですが、なぜか購入する本は

記事を読む

ENTERY

文豪にチャレンジ!太宰治の入門的おすすめ小説5選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 皆さんは普段、どのような小説を読まれますか

記事を読む

akuta-1

「火花」の芥川賞受賞は、文学史上の大きな事件である(第153回芥川賞受賞作と選評を読んで)

第153回芥川賞発表から約1ヶ月が経ち、受賞作と選評が掲載されている『文藝春秋』9月号の発刊

記事を読む

summer

僕らの夏はいつもそこに 「夏」が舞台の青春小説3選

こんにちは。最近、布団が恋しくなってきた高瀬です。 冬の気配が段々と強まってきている今

記事を読む

13806153755_b7becc3086_b

クリエイターなら読んでおきたい! 海外小説10選(ミステリー編)

Photo by Stefano Montagner on Flickr みなさんこんにちは、永瀬

記事を読む

狼と香辛料01

ファンタジー世界の経済がテーマのライトノベル 支倉凍砂『狼と香辛料』

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 新しく1つの世界を作り出すハイファンタジ

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑