*

一人称視点と三人称視点を小説ごとに使い分けよう

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 小説ノウハウ

スライド1
こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。

一人称視点、三人称視点といった言葉を聞いたことのある方もいると思います。

それぞれ書き方や表現の得意・不得意なども違うので、うまく活用したいですよね。

今回は、人称視点について解説します。

小説には「視点」がある

スライド2
まずは、小説の文章に「視点」があることを意識しましょう。

一人称、そして三人称一元視点の場合、登場人物が視点の中心となっています。

他にも、三人称神視点という、登場人物の誰にも属さない作者の視点から物語を書く手法もあります。

いずれにせよ、どの視点から見た描写を書いているのか意識しなければ、視点ブレが発生しかねません。

1つの文、1つのシーンの中で視点が移動すると、読者が混乱してしまいますよね。

視点については、こちらの記事も参照して考えてみてください。

あえて小説で物語を書くのなら、視点移動は少ない方がいい | taskey Uあえて小説で物語を書くのなら、視点移動は少ない方がいい | taskey U

一人称と三人称、それぞれの特徴

スライド3
一人称と三人称は、描写などでそれぞれに得意・不得意があります。

特徴を列挙してみましょう。

一人称の特徴

一人称は、「私が」「僕は」といったように、視点人物がそのまま語っているかのような書き方をします。

普段使っている話し言葉に近い形で書けるので、小説のための文章を書き慣れていない方は一人称で書いていることが多いのではないでしょうか。

  • 視点人物の心情描写が得意
  • 視点人物が語るため、感情移入させやすい
  • 1人の視点になりやすいため、情報が偏る
  • 複数人物の視点を入れる場合は、バランスや視点切り替えのタイミングを工夫する必要がある

三人称の特徴

三人称は、書き手の視点から物語を書く手法。

ある人物に近い視点から書いた場合は「三人称一元視点」、どの人物に対しても一定の距離を保つ場合は「三人称神視点」となります。

  • 視点人物の興味関心を無視した描写が可能
  • 一人称では説明っぽくなりがちな、視点人物以外の行動描写などがしやすい
  • 人物の心情描写を行う場合は注意が必要

自分の物語に合う人称・視点を考えよう

スライド4
書きやすいか、書きにくいかで一人称と三人称を選んでいる方が多いかもしれません。

しかし、上記のような特徴があるのも事実。

「書きにくい」と思ったのは、人称とジャンルが合わなかっただけという可能性もあります。

そこで、物語のジャンルや内容に合わせた人称や視点を選んでみてはいかがでしょうか。

もっとも力を入れたい描写はどれか? 複数の視点から物語を進めたいか? などを考えると、物語を進めるための視点がどこにあるのかを意識しやすいです。

たとえば、「恋愛要素の強い作品では一人称を使う」といったように、書く作品のジャンルに合わせて人称を使い分けてみましょう。

恋愛モノで一人称が使われやすいのは、心情描写が得意というだけの話ではなく、主人公が相手のどんなところに魅力を感じているのかをストレートに書けるという強みがあるからです。

他の描写と比べて想い人の人物描写に力が入っていたり、特に魅力を感じる部分を詳しく書いていると、読者は主人公と一緒になって恋愛を楽しむことができます。

三人称一元視点は、「視点人物の観察力に影響されずに事件解決の糸口となるヒントを描写でき、推理や推察も書きやすい」という点でミステリー小説に向いているでしょう。

また、設定が複雑なファンタジー、SFジャンルは、説明を交えやすい三人称神視点だと書きやすいかもしれません。

どんな物語を書きたいのかを考えて、それに合った視点を選ぶようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?

自分の得意・不得意ではなく、人称や視点の得意・不得意に合わせて書き方を変えてみるのも面白いかもしれません。

どの視点なら自分の物語をうまく表現できるか、一度考えてみてはいかがでしょうか。

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

The following two tabs change content below.
飯泉 涼花
飯泉 涼花
文章を書くことばかり考えています。大学では小説創作を専攻し、創作のノウハウや批評の仕方などを学んできました。クリエイターのみなさまの創作意欲を刺激する記事が書けるよう、頑張ります!

関連記事

6245055011_90b2d8afdd_o

アイディアをコミックにする為に私がとった、たった3つの方法 – 第3回 – 執筆への姿勢

どうも神威遊です。 本連載では、私が小説家として作品を執筆し、コミカライズ出版に至るまでの体験

記事を読む

Writing

小説を書くコツが身に付く実践ノウハウ ─第1回─ 小説を書く前に学ぶこと

みなさん、はじめまして。丹一と申します。妙チクリンな名前ですが、お見知りおき下さい。現在taskey

記事を読む

文章力と文才1

小説を書くために必要な「文章力」と「文才」の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 文章で物語を表現する小説を書くために、「

記事を読む

ダークファンジー1

初めてダークファンタジーを書くときの心構えと、おすすめの世界観パターン3つ

こんにちは、射月アキラです。 ファンタジージャンルと言えば、中世ヨーロッパ風で、どこかメル

記事を読む

kamiiyusikirensaijutsu

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第一回プロットの準備(前編)

どうも神威遊です。 ありがたいことに、アンバサダーになって3度目のコラム連載を開始すること

記事を読む

kikoubunwokakou

旅をカタチに―紀行文を書こう―

こんにちは。taskey U編集部の松下です。 皆さん誰もが旅行の経験をお持ちのはず。

記事を読む

07_01

ファンタジー小説を書くときに気をつけたい3つのこと

こんにちは、射月アキラです。 みなさんは、ファンタジー小説を書くときにどのくらい設定について考

記事を読む

企画書1

小説を完結させるために企画書を書いてみよう

みなさんこんにちは。猫屋ちゃきです。 私はtaskeyで何作か長編を公開していますが、実は

記事を読む

初めての小説1

初めて「小説を書こう」と思ったときに、実行に移すための5つの工程

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 なにか物語を思いついたとき、絵や映像を作

記事を読む

白紙のプレッシャー1

小説を書く直前、白紙の原稿にプレッシャーを感じたときに試したい3つのこと

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「新しい小説を書こう」と思ったとき、一文

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑