*

話題沸騰!『君の膵臓をたべたい』が涙を誘う!!

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 おすすめ小説

初めまして。taskeyでは主に短編を公開させていただいております、高瀬拓実と申します。今回からアンバサダーとしても活動していくことになりましたので、何卒よろしくお願いいたします。

皆さんはどれくらいの頻度で本屋さんに通いますか? 私はほぼ毎日、時間があれば1時間や2時間は入り浸っています。

今回は、そんな本屋好きの私が、巷で人気のあの小説『君の膵臓をたべたい』を紹介したいと思います!

思わず2度見してしまう衝撃的なタイトル

kimisui-1

6月19日に双葉社より刊行された『君の膵臓をたべたい』は、住野よる氏の青春小説。

いつものように本屋さんに行くと、このタイトルがあまりにも衝撃的過ぎて、気づいたときにはすでに手に取っていました。

作中で主人公が、「いきなりカニバリズムに目覚めたの?」と訊ねる場面があります。

私が手に取った時も、「カニバリズム……? もしかしてホラーなのかな」と思いました。

しかし、それはあくまで第一印象に過ぎません。読むと分かりますが、泣けます。本当に泣けます。大事なことなので2回言いました。

ええっ!? と目を引くタイトルと、繊細なタッチで描かれる美麗な表紙。書店で目にすると、思わず手にとってしまうこと間違いなしです!

気になる本の内容は……?

kimisui-2

表題が個性的な分、その中身も気になりますよね。あらすじを引用しておきましょう。

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。
全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!

via:『君の膵臓をたべたい』あらすじ

可能な限り前情報なく読んでもらいたいので、あらすじを頼りに簡単に説明していきたいと思います。

本作は、ヒロインである山内桜良が書いていた「共病文庫」を、主人公が偶然手にすることで物語が始まります。彼女は膵臓を患っていて、もう長くはありません。

主人公は、彼女の本を手にしたことをきっかけに、彼女とともに日常を過ごしていくことになります。

そんな2人が織りなす究極の青春小説。優しくて、残酷で、切なくて。生きることについて考えさせられる小説です。

インパクトの強いタイトルですが、読み進めていくうちにその意味がわかってきます。

読み終えたら、きっと誰かに「君の膵臓をたべたい」と言いたくなりますよ。でも、本作を知らない人に向かって言うと、引かれるかもしれませんのでご注意を。

著者「住野よる」って?

kimisui-3

皆さんは住野よる氏をご存知でしょうか? おそらく、知っているのはこの本を読まれた方に限られるのではないでしょうか。なぜなら……。

この作品がデビュー作だからです!

そう、デビュー作なんです。まずこの作品は泣けるんですが、そのあとで「え、これが本当にデビュー作!?」と感じるほどに完成度が高い。

思う存分泣いたあとで、そのすごさに気づくと思います。話の内容もさることながら、2人の軽妙なやり取りも読んでいて楽しい。いま大注目の作家さんです。

まとめ

「読後、きっとこのタイトルに涙する――」と銘打たれた通り、読み終えた後に熱いものが頬を伝うはず。そして、誰かに勧めたくなります。

普段本を読まない人にも、よく読む人にも、おすすめの一冊です。涙活の人にもおすすめですね。

ぜひ読んで泣いてみてはいかがでしょうか。

最後になりましたが、キーワードは「キミスイ」です! この記事が「キミスイワールド」の入口となってくれれば幸いです。

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

※関連記事
最果タヒ『空が分裂する』を読んで 死と思春期について
文豪にチャレンジ!太宰治の入門的おすすめ小説5選
魔法の設定が参考になるライトノベル5選

The following two tabs change content below.
高瀬拓実
taskey Uアンバサダー。夏と魔法と青春が大好物な文系学生。専攻は英米文学。主に短編を中心に学んでいます。タスキーでは短編を中心に活動中。よろしくお願いします!

関連記事

hyuka

ほろ苦い青春ミステリ小説 米澤穂信「古典部シリーズ」

皆さん、ミステリはお好きでしょうか? 私は別段好きというわけではないのですが、なぜか購入する本は

記事を読む

20160511033442

『人間失格』など、有名文学作品の入り口に最適なライトノベル『“文学少女”』シリーズ

こんにちは。taskey U編集部の飯泉です。 『人間失格』など、タイトルは知っている有名

記事を読む

isakaosusume

稀代のストーリーテラー 伊坂幸太郎のおすすめ小説7選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説好きで伊坂幸太郎の名前を知らないと

記事を読む

フランケンシュタイン

有名怪物のルーツは小説 メアリ・シェリー『フランケンシュタイン』

ハッピーハロウィン! taskey U編集部の飯泉です。 本日10月31日はハロウィン。ハ

記事を読む

junbunnnyumon

今すぐ読みたい純文学の入門的おすすめ作品10選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 皆さんは、普段どんな小説を読まれますか

記事を読む

keisatsu

波乱の展開にゾクゾクしちゃう警察小説10選

taskey Uアンバサダーの神田澪と申します。 今回ご紹介するのは、相次ぐ映像化でも話題

記事を読む

akuta-1

「火花」の芥川賞受賞は、文学史上の大きな事件である(第153回芥川賞受賞作と選評を読んで)

第153回芥川賞発表から約1ヶ月が経ち、受賞作と選評が掲載されている『文藝春秋』9月号の発刊

記事を読む

キノの旅名言まとめ1

名言から読む『キノの旅』 ~名言とシナリオの関連性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 一つひとつの短編がメッセージを持つ「寓話

記事を読む

キノの旅1

短編連作で綴られる寓話的ライトノベル 時雨沢恵一『キノの旅』の魅力とは

時雨沢恵一作のライトノベル『キノの旅』をご存じの方は多いと思います。 2000年に1巻が発

記事を読む

ishin (1)

『戯言シリーズ』から学ぶ 西尾維新の小説の魅力!

こんにちは taskeyアンバサダーの双葉彩葉です! さて、今回の記事は私が愛してやま

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑