*

「良い小説」は、「日常のモヤモヤを言葉にしてくれる」小説である

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 小説ノウハウ

good-1

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。

突然ですが、「良い小説」とは何だと思いますか?

「面白い小説」だと言う人がいるかもしれませんが、面白いだけの小説は「良い小説」でしょうか?

「読みやすい小説」だと言う人もいるかもしれませんが、読みやすいだけの小説は「良い小説」でしょうか?

この他にも様々な意見があるかと思いますが、今回は私が思う「良い小説」について考えていこうと思います。

日常のモヤモヤを言葉にしてくれる

good-2

小説を読むとき、ストーリーを楽しむことはもちろんですが、私は「良い文章」を常に探し続けています。

ですから、私にとっての「良い小説」とは「良い文章」をたくさん含んでいる小説ということになります。

「良い文章」というのはちょっと抽象的すぎるのでもっと限定すると、「日常のモヤモヤを言葉にしてくれる文章」ということになるでしょうか。

具体例もあげましょう。私が思う「良い文章」の例として、綿矢りさ氏『インストール』内の以下の文章があります。

媚びの武器としての不器用は軽い笑いを誘う可愛いものだけれど、本当の不器用は、愛嬌がなく、みじめに泥臭くて、見ている方の人間をぎゅっと真面目にさせるから。

via:『インストール』

「ドジっ子キャラ」という認識が私たちの中でできあがっていて、不器用=可愛いという等式を否定することは難しいでしょう。

しかし、現実世界に目を向けてみれば、不器用な人にイライラすることもある。

そんな事実を生々しく提示したのが、この文章なのです。もちろん、本当の不器用がみじめに泥臭いことなんて誰でも気づいているはずなのですが、それをちゃんと文章にして認識させるところが、「良い文章」たる所以なのです。

この他にも、『インストール』は女子高生視点で様々なモヤモヤとした事象を言語化していきます。この小説を何度も読み返してしまうのは、私が日ごろ抱えているモヤモヤに名前がついていく感覚が心地良いからでしょう。

「良い小説」は変わっていくし、増えていく

goodnovel

当たり前のことを言うようで恐縮なのですが、「良い小説」は人それぞれです。

それは、「良い小説」の定義が人それぞれということでもありますし、私の定義する「良い小説」においても、その対象は変わることがあります。

そもそも「良い小説」も「良い文章」も非常に主観的なものです。先ほど例にあげた『インストール』の一文を、あまり良い文章だと思わなかった人もいるかもしれません。

私もいわゆる「名作」を読んでも「良い小説」だと思わないこともあります。これは、主観的な判断だから仕方のないことです。

しかし、過去に読んだものがある日突然「良い小説」になることもあります。

何気なく日々を送って、何となく以前読んだ小説を読み返してみると、それが驚くべきほど「良い小説」になっていたりします。

先ほど、「良い文章」とは「日常のモヤモヤを言葉にしてくれる文章」という風に書きました。

私たちが普段抱えているモヤモヤは、各人の経験によって違うはずです。生きていくうちに、色んな場面に出会って、様々なモヤモヤに出会うことでしょう。

ですから、「日常のモヤモヤ」が増えていくにつれて、「良い文章」も増えていくことになります。それはそのまま、「良い小説」が増えることにも繋がるのです。

「良い小説」は自分で作る

good-4

「良い小説」は各々の経験量に比例して増えていくので、待ってるだけではたくさんの「良い小説」に出会うことはできません。こちらから迎えに行くことが肝要なのです。

いつも行かないような場所に行ってみましょう。自分には合わなそうだと敬遠していたお店に入ってみましょう。

そして、様々なものに疑問を持ち、「なんでだろう」と考えてみましょう。

それらは全てあなたの経験となり、「良い小説」と出会うきっかけを作ってくれるはずです。

まとめ

今回は、私の考える「良い小説」について書かせていただきました。

皆さんの考える「良い小説」は一体どのようなものでしょうか? ぜひ、Twitterのハッシュタグ#良い小説の条件にご投稿ください!

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

※関連記事
【taskey Q】読書の記録や読書ノートはとっていますか?
Twitterで #皆の執筆環境 を聞いてみました!
今すぐ読みたい純文学の入門的おすすめ作品10選

The following two tabs change content below.
伊藤 祥太
伊藤 祥太
「よく読み、よく書く」をモットーに。小説執筆に役立つ記事を書いています。「無間書房」という文芸同人の代表をしています。

関連記事

スライド1

物語の基本!起承転結を取り入れよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 物語の基本の流れ、起承転結をご存知ですか

記事を読む

kiri

最後の最後で駄作にしない!キリのいい小説の終わり方

こんにちは! taskey Uアンバサダーの神田澪です。 いざ小説を書くとなると、冒

記事を読む

15_01

読者に合わせた文章で、小説をもっと読みやすくしよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 執筆活動は楽しんでいらっしゃいますか?

記事を読む

アイキャッチあ

何かを創作しようと思った時に試す3つの発想法

この記事を読む方は何かしら創作に携わっていることと思います。もしくはこれから始めようとしている方

記事を読む

ダークファンジー1

初めてダークファンタジーを書くときの心構えと、おすすめの世界観パターン3つ

こんにちは、射月アキラです。 ファンタジージャンルと言えば、中世ヨーロッパ風で、どこかメル

記事を読む

kakosyousetu

書きかけの小説で、三年前の「過去の私」に会いにいく

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説の執筆は順調に進んでいますか?

記事を読む

9150868419_8a091dee4b_o

もっと身近に!スマートフォンで小説を書く、2つのポイント ー(後編)読む人と筆者のバランス

みなさん、こんにちは。篠宮 あすかです。 前編から引き続き、後編では読む人の視点を意識した上で

記事を読む

4337804209_2e027891a3_z

小説を書くコツが身に付く実践ノウハウ ─第2回─ ハリウッド式シナリオ術と”接着剤”

みなさん、お世話になっております。taskey Uの異端アンバサダー、丹一で御座います。 本連

記事を読む

見直し1

満足できる小説を書くために意識しておきたい見直し・推敲のコツ

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 作品の完成度をあげるための「見直し」や「

記事を読む

syosinsya

「大量の原稿用紙を買ってはならない」ほか、小説初心者に伝えたい5つのこと

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説を書くのはあまり上手ではないのです

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑