*

「おもむろに」ほか、間違いやすい日本語5つ

公開日: : 最終更新日:2016/03/28 語彙力強化

matigai (1)

毎年恒例になりましたが、先日、文化庁の「国語に関する世論調査」の結果が公表されました。

日本語の誤用が毎回話題となりますが、今回は「おもむろに」を本来の意味とは違う「不意に」という意味で使っている人が40.8%になるという結果が注目を集めました。

正確な意味を伝えるために、言葉は極力本来の意味で使いたいですね。

そこで今回は、「おもむろに」も含め、間違いやすい日本語を5つ紹介いたします。(間違って覚えていたら、こっそり覚えて帰ってください!)

おもむろに

matigai (2)

落ち着いて、ゆっくりと行動するさま。

via:goo辞書「おもむろに」

今回の調査では、「おもむろに」を「不意に」という本来の意味とは違う意味として使っている人が40.8%いるということが分かりました。

本来の意味で使っている人も44.5%となっていますが、20代の70.1%は「不意に」という意味で使用しています。

小説でも、「彼はおもむろに立ち上がった」という風に使うことがあるかと思います。本来の意味で使うならば、「彼はゆっくりと立ち上がった」というような意味になります。

「おもむろに」は漢字で書くと「徐に」と書きます。「徐々に」という言葉からも分かるように、「徐」という漢字には「ゆっくり」という意味があります。

漢字で覚えておけば、意味を忘れにくいですね。

小春日和

matigai (3)

初冬のいかにも小春らしい穏やかで暖かい日和。

via:goo辞書「小春日和」

初冬の、穏やかで暖かい春に似た日和が続くころ。また、陰暦10月の異称。

via:goo辞書「小春」

こちらも今回の調査で、本来の意味とは違った意味で使われている言葉として取り上げられていました。

「小春」という言葉が陰暦10月の異称であることからも分かるように、「小春日和」は春を表す言葉ではなく、初冬の天候を春に例えたものです。

陰暦10月というと、現在使われている太陽暦では10月下旬から12月上旬頃になります。

俳句を詠むときなどに使われる「歳時記」でも、「小春」や「小春日和」は冬の季語となっていますので、注意してください。

まんじり

matigai (4)

ちょっと眠るさま。ふつう打消しの語を伴って用いる。

via:goo辞書「まんじり」

こちらは、前回の「国語に関する世論調査」で、本来の意味ではない「じっと動かないで」という意味で使う人が多いという調査結果が出ています。

「彼はまんじりともせず犯人を見張っていた」というと、「動かないで見張っていた」のではなく、「眠らずに見張っていた」という意味になります。

ただ、現在ではあまり使いませんが「じっくりと見つめるさま」という意味もあるので、あながち間違っているとも言えません。

しかし、「動かないで」という意味はいずれにせよ含まれないので、気をつけたいですね。

敷居が高い

matigai (5)

不義理や面目のないことがあって、その人の家へ行きにくい。

via:goo辞書「敷居が高い」

これは、平成二十年度の「国語に関する世論調査」で、本来の意味とは違う「高級すぎたり、上品すぎたりして、入りにくい」という意味で使う人が45.6%いるという結果になっています。

「純文学は敷居が高い」という文章は特に抵抗なく受け入れることができるのですが、本来の意味とは違った使い方ということになります。

「純文学はハードルが高い」というような言い換えをした方が無難かもしれませんね。

やぶさかでない

matigai (6)

(「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに―ではない」

via:goo辞書「やぶさか」

「やぶさかでない」は、前回の「国語に関する世論調査」で、本来の意味とは違う「仕方なくする」という意味で使っている人が43.7%いるという調査結果が出ています。

実は、私もこの記事を書くまでは本来の意味を知りませんでした。

今まで、「仕方なくする」という意味で「やぶさかでない」を使っていた気がします…お恥ずかしいことです。

「君が求めるのであれば、協力するのはやぶさかではないよ」と言っている人は、表面上は「仕方ない」と思いながらも心の中では「喜んで」やるというイメージだったのですが、そもそもが「喜んで」という意味だったのですね。

まとめ

以上、「国語に関する世論調査」から特に間違いやすい言葉を5つ選んで紹介しました。

私は大学で日本語学を少し学んでいたのですが、言葉は時代と共に変わっていくものですし、辞書の記述が必ずしも正しいとは限りません。

しかし、「本来の意味」と言われているものを知ることで、相手に正確な意味を伝えることができますし、正確な意味を受け取ることができます。

たまには、自分が使っている言葉の意味を見直してみるのも良いですね。

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

※参考
平成26年度「国語に関する世論調査」の結果について
国語に関する世論調査の結果について

※関連記事
意識してる?小説を書くときに使い分けたい漢字4選
「言葉の瞬発力」を上げて、気持ち良く執筆しよう
語彙力を磨くために実践したい3つのこと(インプット編)
語彙力を磨くために実践したい3つのこと(アウトプット編)

The following two tabs change content below.
伊藤 祥太
伊藤 祥太
「よく読み、よく書く」をモットーに。小説執筆に役立つ記事を書いています。「無間書房」という文芸同人の代表をしています。

関連記事

kanji

意識してる?小説を書くときに使い分けたい漢字4選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 皆さんは、意識して漢字の使い分けを行っ

記事を読む

4604140980_c838e29396_b

「言葉の瞬発力」を上げて、気持ち良く執筆しよう

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! taskeyユーザーの皆様の中には、いざ小説を

記事を読む

2349631689_88ab697a7a_o

語彙力を磨くために実践したい3つのこと(アウトプット編)

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! 今回は、前回のインプット編に引き続き、「語彙力

記事を読む

hajshfjg

美しく文章を彩る「和名」での色彩表現

アンバサダーの神田澪です。 小説を書く際には、空の色、花の色、洋服の色など、色彩を表す

記事を読む

スライド1

小説を書くなら覚えておきたい4種類の比喩(直喩・隠喩・換喩・提喩)

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 今回は、比喩表現の中から「直喩」「隠喩

記事を読む

imihumei

意味不明な文章を生成する謎アプリ「意味不明文」の使い道を考えよう

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 「意味不明文」というスマホアプリをご存

記事を読む

ColourDictionary

登場人物・作品のイメージカラー探しや表紙デザインに使えるアプリ「色の辞典」

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 文字だけで表現する小説では、キャラクター

記事を読む

5573381914_2d2ed9a224_b

語彙力を磨くために実践したい3つのこと(インプット編)

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! taskeyでの執筆活動は順調に進んでいますか?

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑