*

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第六回更新を気負わないメンタル

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 小説ノウハウ

kamiiyu6

どうも神威遊です。

「taskey Uの記事、参考にしています!」というご意見を時々ですが、いただくようになりました。

神威遊の執筆スタイルが役に立つということは、創作をしていらっしゃる方それぞれのスタイルもきっと、他の創作者の役に立つのではないでしょうか。

神威遊もここのところ、ほかのアンバサダー様の記事を参考にしています。本当の意味での繋がりとはこういうものなのではないかな、そう思うようになりました。

そんな神威遊の6回目は、メンタル面でのお話になります!

心持ちは気軽に

kamiiyu6 (1)

「毎日更新」をテーマにして書いている本連載ですが、「毎日更新」は【目標】にしてほしいと考えています。

つまりこれは【義務】でもなければ【使命】でもありません。もっと重要なことを言えば、【仕事】ですらないのです。あくまで個人の創作活動として、【目標】としてほしいということです。

毎日の更新を気負い過ぎて、それに縛られてしまうと執筆そのものモチベーションに影響してしまいます。

すると、いつの間にか【更新に縛られてしまう】なんてことに陥ってしまい、書くこと自体が苦痛になる……。

創作者として、それだけは避けたいところ。

あくまで、私達は『楽しんで書く』ということを前提に作品を作っていくべきでしょう。折角のみなさんだけの世界をそこで潰してしまうのは、あまりにも勿体ないのです。

強迫観念に迫られて読者の期待に応えようとしすぎると、作品そのもののクオリティを下げてしまうでしょう。

時には疲れて寝てしまうことも、どうしても更新できないこともあります。

そんな時でも気負いせず、 「仕方ないな」と気楽にとらえましょう。また次の日から、毎日更新を目指せば良いのです。

更新スケジュールについては、更新の時間・頻度よりも、作品のクオリティを優先するようにしたいですね。

決め手はプロ意識

kamiiyu6 (2)

気楽に構えればいい……というのはその通りなのですが、だからといって『気が乗らない時は休んでも良い』ということではありません。

身体に負担はかけなくていいと思いますが、モチベーションの上がり下がりで休むのはよくないといえるでしょう。

あくまで『止むを得ない場合』を除き、それ以外はストイックに更新スケジュールを守る……いうならばそう言った面での【プロ意識】を持ち、読者の期待に応えようとする姿勢が必要だと神威遊は思います。

そういった【プロ意識】が、いざというときに力を発揮することがあります。それこそが読者がついてきてくれる原動力なのです。

「今日はどうしても無理だ。ダメだ」という時は、開き直って休むのも吉です。しかしそれは「今日」の場合であって、「今日」ではダメですよ。

あまり沢山の作品を同時連載していると、こういったことに陥りやすくなります。自分にあった作品数と更新スケジュールで、モチベーションとメンタルを保っていきたいですね。

まとめ 自分に優しく、自分に厳しく

いかがでしたでしょうか。

『状況によっては無理に更新しなくともよい』

『更新を守るプロ意識』

という両極を同居させた回となりましたが、反対にあるようで同じ場所にあるこの二つを意識することで、自然体でクリエイトする癖がつくのではないでしょうか。

基本は自分に厳しくあり、どうしても辛い時は、自分に優しくある。

この飴と鞭を自身に課していくことが、毎日更新のモチベーション維持に繋がるのだと思います。

毎日更新とは、あくまで『自分が決めたルール』です。誰かに迷惑がかかるものではありません。しかし、『自分で決めたルール』である以上、できるだけ守っていきましょう。

でもそのルールに自分自身が獲り殺されないように、ある程度のリラックス感を持って執筆に向かいたいものですね。

The following two tabs change content below.
神威遊
taskey Uアンバサダー。どうも神威遊です。taskeyをはじめに、エブリスタ・小説家になろう、そしてkindleでも活動しております。コミック『エンジ十二紋刀録』の原作者の顔もあり。オールラウンダーな作家を目指して精進中。

関連記事

01

小説のアクションシーンを簡単に書くコツ

こんにちは、射月アキラです。 文字だけでアクションシーンを表現することって、結構難しいです

記事を読む

kakunayamu (1)

小説を書く手が止まってしまった人へ 書くときは書き、悩むときは悩む。

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説を書いていると、様々な悩みにぶつか

記事を読む

writer

ライターとしても活動したい小説書きがやっておくべき5つの習慣

こんにちは、taskey U編集部の飯泉です! 小説を書いている内に文章を書くことが好きに

記事を読む

12712204375_037c6a4dc6_k

小説に適切な登場人物は何人か?

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! 私は基本的に、登場人物の多い小説を書きません。

記事を読む

3484353131_016dd32be7_o

「才能がすべてです」村上春樹から5つの小説執筆アドバイス

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! 以前taskey Uでもご紹介した作家の村上春

記事を読む

4337804209_2e027891a3_z

小説を書くコツが身に付く実践ノウハウ ─第2回─ ハリウッド式シナリオ術と”接着剤”

みなさん、お世話になっております。taskey Uの異端アンバサダー、丹一で御座います。 本連

記事を読む

文末表現1

「~る」?「~た」? 小説書きがつい気にしてしまう文末表現がどうなっているのか調査してみました。

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 #小説書きの悩みでもよく見かける「文末表

記事を読む

kamiiyu2

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第二回プロットの準備(中編)

どうも神威遊です。 前回のプロットの準備・前編の記事ですが、驚くほど反響がありました。

記事を読む

白紙のプレッシャー1

小説を書く直前、白紙の原稿にプレッシャーを感じたときに試したい3つのこと

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「新しい小説を書こう」と思ったとき、一文

記事を読む

専門用語1

知識に振り回されそうなときは、「誰に向けて小説を書くのか」を考えてみよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 物語を書くとき、専門的な知識や用語が必要

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑