*

taskey小説家インタビュー Vol.6 「月下 遊魚」

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 taskeyユーザーインタビュー

みなさんこんにちは!蚊に怯えながらも、今日も半袖のtaskey U編集部です。

taskey Uでは、本家taskey内で人気の小説家、期待の小説家に対し、定期的にインタビューを行っています。気になるあの作品が生まれた経緯や原作者の思いをtaskey U編集部(以下、「編集部」)が、その真相に迫ります!

 

今回インタビューをさせていただのは、本家taskeyの累積Love it!数が2位にランクインしている月下遊魚さんです!

月下さんは、本記事の執筆時点(2014/9/13)においてtaskey内で7作品を執筆されており、そのいずれも読者からの反響が高い実力派小説家です。

本日は、『Transparent cloud ― トランスペアレント クラウド』にスポットライトを当てて、インタビューさせていただきました。

月下さんには、taskey Uの共同編集者(以下、「アンバサダー」)として今後のtaskey Uの運営をサポートしていただくこととなっており、記事の後半ではそのあたりについても伺っています。

8920fb0897a265ead4c17bb27294b7e2

 

編集部:本日はインタビュー依頼にご快諾いただきありがとうございます! 早速、インタビューに入らせていただこうと思います。

編集部:今や幅広い世界観で作品の執筆をされている月下さんですが、当初小説を書き始めたきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

10代後半から20代半ばにかけて、演劇や音楽等、創作活動に夢中になっていました。でも生活が成り立たなくなって全て辞めたんです。その後生活は安定したのですが、どこか物足りなさがありました。何かやりたいなという気持ちは捨て切れず、でも演劇も音楽も仲間があっての事なので、中途半端な気持ちでは戻れないなと。それなら自分だけで楽しめる事を、と、頭の中に浮かんだ世界を書き始めたのが最初です。

編集部:月下さんが演劇や音楽をされていたというのには驚きました!小説家として活動される以前から、”表現者”だったんですね。全く想像していませんでした。本インタビューも第6回になるのですが、小説家さんたちに取材させていただく中で、それぞれ小説を書くきっかけになるようなオンリーワンの物語があり、毎回感激しています。

編集部:月下さんは現在、taskey内で7つの作品を公開されていますが、そのすべてが読者よりLove it!を集めていますよね。月下さんが小説を執筆する最大のモチベーションはどこからくるものなのでしょうか?

“受け入れてもらえた嬉しさ”だと思います。自分の考えを他人に伝えるのが得意ではなく、意味がわからないと言われる事もあり、それが辛くて本心を隠して過ごしていた時期もありました。小説も、意味不明と言われたら辛いなと、書いている事すら誰にも言えませんでした。
初めて読んでもらった方に「もっと読みたい」と言われた時は、震えるほど嬉しかったです。なので Love it!を頂く度に、書きたいという思いがグッと持ち上がります。

編集部:やはり、作品を執筆される最大のモチベーションは、読者との間に生まれる”共感”なんですね。taskeyは、今後より書き手と読み手のコミュニケーションを活発にする仕組みをつくっていきますので、楽しみにしていてください!

 

編集部:それでは、月下さんの代表作のひとつである『Transparent cloud ― トランスペアレント クラウド』について、その概要をご説明いただけますでしょうか。

謎の監視機関【 ここ 】に連れてこられた主人公のモモは、監視役【 アイズ 】の任務につきます。

ある条件に該当する人間達を監視する日々の中、外部との接触を一切禁じられているモモに届いたメール。謎の差出人。予想外のプレゼント。

そしてモモは監視機関の外へと追いやられ、放り出された外の世界である人物に出会います。

本作品は、主人公であるモモが、自分の中にある【 真実と嘘 】に向き合って行く物語です。

編集部:ありがとうございます!実は私も本作品の熱心な読者の一人なのですが、「なさそうで現実的にありそう」な本作品の世界観に序盤から引き込まれてしまいました。本作品の構想が生まれた背景、その他執筆にまつわる裏話等があればご紹介ください。

発端は【 夢 】です。

――雲の上から下界を監視する少年少女。彼らのもとに赤ん坊が届けられ、どうしてよいのかわからない彼らは、赤ん坊を連れて下界に下りる――

その夢がずっと頭の隅に留まっていて、これは何か理由があるのかもしれない、とりあえず書こう、と。書いているうちに登場人物が動き出す感覚があり、それに任せて進めました。なので、構想を練ってのスタートではありませんでした。一度書き上げた物をプロット代わりに改訂し、投稿しています。

編集部:私も小説の執筆をすることがあるのですが、月下さんのように”啓示”を受けたような経験がないので、なんだか尊敬しています。作品に込めた思いや、読者に対し、注目してもらいたいポイントはありますでしょうか?

信じる、信じないという感覚は、ある種の勘だと思っています。その勘の正体は、経験であったり、誰かとの繋がりであったり、教えであったり……自分が下す判断というものがどこからきているのか。それを考える事は、とても大切だなと。
物語の中でモモはたくさんの謎に悩まされます。その【 何故 】【 どうして 】の答えが、今後明らかになります。提示された答えに、モモがどう向き合っていくのか。何を真実とし、何を嘘とするのか。最後まで見守って頂けると嬉しいです。

編集部:ありがとうございます。今後の展開も楽しみです。読者の皆様方にも、是非今後のモモの成長を見守って頂ければと思います。

編集部:さて、今回月下さんがtaskey Uのアンバサダー(taskey Uアンバサダーの募集に関する詳細はこちら。「taskey Uでは、編集部と共に記事を執筆していただけるアンバサダーを募集しています。」)として、taskey Uの編集部に加わっていただくこととなっております。taskey Uアンバサダーに立候補していただいた理由や、どのような記事を執筆していきたいかという意気込みをお願いします!

【 自分の思いをカタチにする楽しさ 】をお伝え出来たら良いなと思いました。小説を書くための基本的な知識、作法について書かれた書籍はたくさんあります。なので、そういう事はそういう本や関連サイトで学べば良いかなと(笑)。
私は基本を学んでからスタートしたのではなく、学びながら書いています。今でも、え? そうなの? と驚く事もあります。邪道だとお叱りを受けるかもしれませんが、こういう書き方、考え方の人もいるんだよ、と、一例を示す気持ちでおります。

編集部:「自分の思いをカタチに」、とても素晴らしい表現ですね。我々taskeyチームも、taskeyをつくるにあたって、『物語を描く才能は世界共通』という合い言葉を持っています(詳しくはこちら。「私たちがtaskeyをつくる理由 ー共創で実現する新しい創作活動のカタチ」)。今後、小説家の方々、小説家になりたい方々の拠り所となるような小説メディアに育てていけたら嬉しいですね。

編集部:それでは最後に、月下さんのファンの皆様、そして、これから小説を書こうと思っている皆様に向けてメッセージをお願い致します。

ファンという響きが非常にくすぐったいです。そして素直に嬉しく、目にして頂いている事に感謝しています。ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

これから書いてみようと思っている皆様、あまり深く考えず書き始めてみてはいかがでしょう。眠っていた感情を見つけたり、突然のひらめきが訪れたり、きっとたくさんの【 出会い 】があります。まずは自分が楽しむ。それが良いと思います。貴方にしか生み出せないエンターテイメントが、必ずあると思います。

編集部:何事もエンジョイする気持ちが大切といいます。小説を執筆する側が楽しんで初めて、多くの読者を楽しませることができる作品をつくれるのかもしれませんね。

編集部:月下さん、本日はご多忙のところありがとうございました!

 

 

いかがでしたでしょうか?

taskey Uでは、新たに小説執筆にチャレンジする方が更に増えるよう、今後も小説家インタビューを継続していきます。

物語を描く才能は誰しもが持っています。taskey Uをご覧の皆様においても、未だ小説執筆にチャレンジしたことのない方がいらっしゃれば、是非チャレンジしてみていただければと思います!そして、その際には、現在プロトタイプとして運用している本家taskeyを是非ご利用になってみてください!!

 

taskey Uでは、小説家の方に対しメールにてインタビューを行っています!インタビューをご希望の方は、info@taskey.me宛に以下の事項を添えてご連絡ください。

■お名前(著者名)

■あなたの小説作品のURL(※他サイトでも構いません)

■400字程度の作品の紹介

The following two tabs change content below.
taskey U編集部
taskey U編集部代表アカウントです。「小説を書く・読むをもっと身近に」することを目標に、クリエイターさんに向けて情報を発信しています。taskey U編集部では、アンバサダーと呼ばれる外部の共同編集者を随時募集しておりますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください。(e-mail : info@taskey.me)
taskey U編集部
最新記事 by taskey U編集部 (全て見る)

関連記事

76c698f4747a686a0451461b47630e3b

taskey小説家インタビュー Vol.15 「丹一」

みなさんこんにちは! いよいよ年の瀬の足音が聞こえてまいりましたが、年末はいかがお過ごしでしょうか?

記事を読む

8b3953e0ef5984270666adf1ae287a26

taskey小説家インタビュー Vol.14 「服部 一太」

みなさんこんにちは。連日の寒さから、コタツにミカンが恋しいtaskey U編集部です。 tas

記事を読む

YuiInterview

taskey小説家インタビューVol.20 「結」

みなさんこんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 4月から新生活が始まった方は多い

記事を読む

9631594608_bf21dc8c32_o

taskey小説家インタビュー Vol.10 「numaza0」

みなさんこんにちは。taskey U編集部です。 前回のインタビュー(taskey小説家インタ

記事を読む

df1f3d45177d699421b11fe6da32c7b5

taskey小説家インタビュー Vol.8 「神威遊(かみいゆ)」

みなさんこんにちは、季節の変わり目に、秋花粉と戦っているtaskey U編集部(以下、「編集部」)で

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

taskey小説家インタビュー Vol.11 「桜林薫」

みなさんこんにちは!taskey U編集部(以下、「編集部」)です。   本日

記事を読む

ガイアの森 2

taskey小説家インタビュー Vol.7 「橘川 真古一」

みなさんこんにちは!秋の夜長に、小説を片手に涼むことが最高に幸せなtaskey U編集部です。

記事を読む

hyousisasikae

taskey小説家インタビュー Vol.1 「kao._.」

taskey Uでは、素晴らしい小説家さんたちにインタビューをしています!  

記事を読む

2d75f5e50268646a30fe5734a4fed1aa

taskey小説家インタビュー Vol.4 「nyan」

taskey Uでは、素晴らしい小説家さんたちにインタビューをしています!  

記事を読む

13978313442_7d826309e6_k

taskey小説家インタビュー Vol.18 「日野貴之」

みなさんこんにちは! taskey U編集部の伊藤です。 暖かい日が続くかと思えばまた寒くなり

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑