*

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第九回複数連載の心得

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 小説ノウハウ

kamiiyu9

どうも神威遊です。本連載も、早いものでいよいよ最終回となりました。

9回に渡る連載の最後を飾るのは、複数連載の心得。複数の作品を同時に執筆・連載……公開に至るまでの心構えや、気を付けたいことなどご紹介したいと思います。

同時連載で注意したいこと

kamiiyu9 (1)

さて、みなさんは現在何本の連載をお持ちでしょうか。神威遊はというと、現在3本+年内にもう1本……と、4本を並行して執筆予定です。

これだけの本数を書いているとよく「体壊しませんか?」や「いつ書いてるんですか」と聞かれますが、ここまでご紹介した通り、プロットを作り込み、無理のないスケジューリング、それとモチベーションを維持する手段をきちんと準備することで可能になっています。(それでも4本は少し多いですが)

現在1本以上の連載作品をお持ちの方は、まず短編とかけもちしてみましょう。短編でしたら短いページで完結できるので、複数連載に於いての自分の許容作品量というものを計ることができるかと思います。

複数作品をかけもつ……といっても、きちんとスケジューリングをしておけば、一気に4作品を同時執筆するのではなく、「月曜日は○○、水曜日は△△」というように、作品によってスケジューリングすることが大切です。くれぐれも「毎日書く!」というスケジュールを立てるのはやめましょう。(心身ともに疲労してしまうので)

長さの違う作品を掛け持つということ

kamiiyu9 (2)

短編で自身の許容量が分かったら、早速新作の準備をしましょう。しかし、ここでも注意したいのは、同じくいきなり長編をかけもちしないということです。

作品を複数連載していると、「メイン連載」と「サブ連載」に分かれることが多いので、どちらの連載を優先するかはあらかじめ決めておいたほうがいいですね。

同時執筆が困難になった場合、どちらを継続させ、どちらを休載するのか。

些細なことに思えますが、これを決めておくことで少なくとも【確実に一作品は完結させる】ことに近づけます。

長い連載の中で、いくつもの作品を完結させ、達成感を会いわい、それが新しい作品執筆への意欲に繋がるのではないでしょうか。

そういった意味から、複数の作品を並行して書くのであれば、「長編」「中編」「短編」とボリュームの違う作品を書くのが良いですね。そうすれば、メインの連載中にサブが完結し、書きながらにして達成感を得ることができるのです。

短編で息抜きを

kamiiyu9 (3)

短編は、執筆において様々な意味を持ちます。神威遊式連載術でいうなら、掛け持ち作品の書き出しとして書き、更に自身の許容量を計るためにも書きます。

短編と言ってもごく短い掌編という意味合いで結構ですが、毎日更新で息が詰まりそうな時、一種の息抜きとして遊びで気楽に短編を書くのも効果的ではないでしょうか。

もちろん、リフレッシュの方法は他にもいくらでもあるかと思いますが、執筆の息抜きを執筆でするテクニックがあると、リラックスしながら書く癖をつけたり、世界観や視野を広げたり、短編で構成力を磨いたりと、良い効果がたくさんあります。

作品にあったプラットフォーム

kamiiyu9 (4)

書く作品とスケジュールなど諸々を決定したら、どんどん公開しましょう!

……と、ちょっと待った!

複数の作品を連載するのは素晴らしいことですが、本当にその作品……そのサイトで公開してもいいんですか?

公募などに応募する場合、誰もが自分の作風に会った出版社の公募を探すかと思います。それと同じことで、公開するサイトも作品にあったサイトを選びましょう。

例えばAというサイトで一作品公開していたとします。そして、もう一作品を連載しようとした際、仮にAで公開している作品がファンタジーで、次に連載予定のBが恋愛だったら、全く作品の色が違いますよね。

それを同じサイトで公開するのは、勿体ないとは思いませんか?

その場合は、「ファンタジーが強いサイト」でAを、「恋愛が強いサイト」でBを公開しましょう。

(編集部より:taskeyは、あらゆる作品を書くことのできるプラットフォームを目指しています!)

総括

どこでどのサイトを公開・連載するか決めましたか? 同じ作品を複数サイトで公開するのもひとつの手です。

準備が出来たら、さぁ公開しましょう! その日から毎日更新が始まります。大変なことも多いですが、それ以上にやりがいがあるはずです。

ここまでご紹介した神威遊式連載術を持ってすれば、大丈夫! ……と言いたいところですが、あくまでこれは一例です。色々な執筆方法を試し、自分なりの【自分流連載術】をぜひ開発してみてください。

そして、神威遊と同じようにそれは誰かの役に立つ技術です。

自信を持ってそれが出来るようになった時、あなたのコラムでその記事を発表してください。神威遊は、その記事を読むことを楽しみにしています!

では、またどこかでお会いしましょう……

神威遊

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

【毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~】
第一回プロットの準備(前編)
第二回プロットの準備(中編)
第三回プロットの準備(後編)
第四回更新スケジュールを組み立てる
第五回スイッチング
第六回更新を気負わないメンタル
第七回更新ページ目安
第八回読者とのかかわり
・第九回複数連載の心得

The following two tabs change content below.
神威遊
taskey Uアンバサダー。どうも神威遊です。taskeyをはじめに、エブリスタ・小説家になろう、そしてkindleでも活動しております。コミック『エンジ十二紋刀録』の原作者の顔もあり。オールラウンダーな作家を目指して精進中。

関連記事

3484353131_016dd32be7_o

「才能がすべてです」村上春樹から5つの小説執筆アドバイス

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! 以前taskey Uでもご紹介した作家の村上春

記事を読む

hobby

なぜ多趣味な人は小説を書くのがうまいのか

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 私の周りには小説を書いている人たちが多

記事を読む

漢字バランス1

ひらがな・漢字のバランスは大丈夫?小説を書くとき、ひらがなにした方がいい漢字の見分け方

読みやすい文章を書こうとして、意味を伝えやすい漢字を多用していませんか? 表意文字である漢

記事を読む

syosinsya

「大量の原稿用紙を買ってはならない」ほか、小説初心者に伝えたい5つのこと

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説を書くのはあまり上手ではないのです

記事を読む

kamiiyu3

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第三回プロットの準備(後編)

どうも神威遊です。 いよいよ、プロットの準備編も最後の回となりました。この後にも『毎日

記事を読む

見直し1

満足できる小説を書くために意識しておきたい見直し・推敲のコツ

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 作品の完成度をあげるための「見直し」や「

記事を読む

専門用語1

知識に振り回されそうなときは、「誰に向けて小説を書くのか」を考えてみよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 物語を書くとき、専門的な知識や用語が必要

記事を読む

good-1

「良い小説」は、「日常のモヤモヤを言葉にしてくれる」小説である

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 突然ですが、「良い小説」とは何だと思い

記事を読む

白紙のプレッシャー1

小説を書く直前、白紙の原稿にプレッシャーを感じたときに試したい3つのこと

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「新しい小説を書こう」と思ったとき、一文

記事を読む

需要1

実は逆効果?需要を狙って小説を書いてはいけない3つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 評価されたい・読んでもらいたいと思うあま

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑