*

2人の想いは世界を越えてつながっている『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が切ない!

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 おすすめ小説

s_Evernote%20Camera%20Roll%2020151103%20233324
みなさん、運命の出会いって信じますか? 一目見た瞬間、ああ、この人だなという直感。残念ながら私はまだそういう人には出会っておりません。しかし、いつかきっとそういう人が現れるはず! と、信じてやまないポジティブシンキングを披露しておきましょう。

もしかしたらそれは、一目惚れと言い換えることができるかもしれません。

今回紹介する物語は、そんな運命を感じることができる純度100%の恋愛小説! しかし、ただの恋愛小説ではありません。
……泣けるんです! 後半なんかはとくにボロボロと。

それでは、泣ける恋愛小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の読みどころをピックアップしていきましょう!

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』とは

aaa
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、七月隆文先生による恋愛小説。京都の美大に通う高寿と少し涙もろいヒロイン愛美との切なくも甘い40日間の出来事を描いた作品です。

舞台は京都で、鴨川や宝ヶ池公園など作品内の随所に京都らしさを感じることができるのも本作の魅力の1つ。読み終わったあとに実際京都に観光してみるのもおもしろいかもしれませんね。

出会いは、一目惚れ

櫻
本作の主人公、ヒロインがどのようにして出会ったのか気になりますよね。冒頭部分をちょこっと引用してみましょう。

一目惚れをした。
いつもの大学までの電車の中で、ぼくは唐突に恋をしてしまった。
京阪の丹波橋駅から乗ってきた彼女は、開いたドアから朝のラッシュの人波として流れ込んできて、そうして流れるまま、車両のまん中あたりで吊革を持ちながら立つぼくの目の前に、来た。

高寿は学校に通う途中、電車の中で愛美を見つけ、一目惚れします。
通学途中に一目惚れ、あってもおかしくない風景。いや、よくある風景です!
ほどよいリアリティの中から物語が始まるからこそ、その世界にすっと入り込んでいけるところがありますね。

一目惚れはよくありますが、声をかけるとなるとどうでしょう? 俗にいう肉食系は声をかけることに躊躇いがないかもしれません。

さて、この物語は一目惚れから始まります。終わりません。ということで、高寿は声をかけるわけですね。

具体的にどんな言葉をかけたのか……は、ぜひ手にとってその目で見てみてください!

キュンとする日常、そして、彼女の秘密

空
出会ってから少し経って落ち着くと、高寿と愛美のキュンキュンするような日々が綴られていきます。読んでいて思わず、ふふふとなってしまうような甘い日常がそこにはあり、羨ましいと独り言をつぶやくのは周りを確認してからにしましょう。

泣ける、と言っておいてどこが泣けるんだよ、と思われたことでしょう。ご安心を。読み進めていくうちに、彼女の秘密が見えてきます。

その秘密を知った時、きっと涙するはずです!

そして、一度読み終えたら、もう一度読み返してみてください。この作品は、二度読むことでより泣けるのです! ここで読み方を指定してしまったら面白みがなくなるのであえて言いませんが、ぜひ自分の思うように読んでみてください。

まとめ

いかがでしたか? 発売から1年が経過していますが、本屋に行くと必ず目にします。気になった方はぜひ2人の行く末を見届けてあげてください!

また、著者である七月隆文先生に興味を持ちましたら、『君にさよならを言わない』もおもしろいのでよろしければ読んでみてください。

そして、つい先日新潮文庫nexから刊行されたばかりの『ケーキ王子の名推理』も七月隆文先生の最新刊になりますので、興味のある方はぜひ手に取ってみてください!

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

関連記事
話題沸騰!『君の膵臓をたべたい』が涙を誘う!!
僕らの夏はいつもそこに 「夏」が舞台の青春小説3選
食べ物が美味しそうな小説7選

The following two tabs change content below.
高田 実則
高田 実則
気づけば小説のことを考えています。好きなジャンルは青春小説。 編集部としてtaskeyをもっともっと盛り上げていきたいなと思っています!以後、お見知りおきを。

関連記事

20160511033442

『人間失格』など、有名文学作品の入り口に最適なライトノベル『“文学少女”』シリーズ

こんにちは。taskey U編集部の飯泉です。 『人間失格』など、タイトルは知っている有名

記事を読む

akuta-1

「火花」の芥川賞受賞は、文学史上の大きな事件である(第153回芥川賞受賞作と選評を読んで)

第153回芥川賞発表から約1ヶ月が経ち、受賞作と選評が掲載されている『文藝春秋』9月号の発刊

記事を読む

nekoya

やさしい日本語で書かれた優しい小説5選

はじめまして。この度アンバサダーの一員に加えていただくことになった猫屋ちゃきです。 自

記事を読む

14249428718_20f33b6eff_k

クリエイターなら読んでおきたい! 海外小説10選(恋愛小説編)

Photo by Hernán Piñera on Flickr みなさんこんにちは。task

記事を読む

hyuka

ほろ苦い青春ミステリ小説 米澤穂信「古典部シリーズ」

皆さん、ミステリはお好きでしょうか? 私は別段好きというわけではないのですが、なぜか購入する本は

記事を読む

kimisui-1

話題沸騰!『君の膵臓をたべたい』が涙を誘う!!

初めまして。taskeyでは主に短編を公開させていただいております、高瀬拓実と申します。今回からアン

記事を読む

16_01

魔法の設定が参考になるライトノベル5選

こんにちは、射月アキラです。 様々なファンタジー作品で登場する魔法。クリエイターのみなさんは、

記事を読む

ishin (1)

『戯言シリーズ』から学ぶ 西尾維新の小説の魅力!

こんにちは taskeyアンバサダーの双葉彩葉です! さて、今回の記事は私が愛してやま

記事を読む

junbunnnyumon

今すぐ読みたい純文学の入門的おすすめ作品10選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 皆さんは、普段どんな小説を読まれますか

記事を読む

Evernote Camera Roll 20151113 090158

もしも記憶が消せるなら……?ノスタルジックホラー小説 織守きょうや『記憶屋』

導入としてはいささか唐突ですが、『記憶屋』の主人公である遼一の言葉を引用します。

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑