*

ひらがな・漢字のバランスは大丈夫?小説を書くとき、ひらがなにした方がいい漢字の見分け方

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 小説ノウハウ

漢字バランス1
読みやすい文章を書こうとして、意味を伝えやすい漢字を多用していませんか?

表意文字である漢字は、読み手が「なんとなく」意味を感じとることが可能ですが、漢字ばかり使った文章が読みやすいとは限りません。

ひらがなと漢字は使用率のバランスが大切。

同時に、校正や編集の時間を減らすために、同じ単語なのにひらがなだったり漢字だったりする「表記ゆれ」も避けるようにしたいところです。

今回は、いま書いている言葉をひらがなで書くべきか、漢字で書くべきかの判断をつける方法をお伝えします。

漢字使用率は30%くらいが最適

漢字バランス2
まず意識しておきたいのは、読みやすい「ひらがな:漢字」の比率です。

以前taskey Uで紹介した漢字使用率チェッカーによると、文章中の漢字使用率は30%前後が最適とされています。

推敲や校正に!執筆に役立つ無料文章チェックツール4選 | taskey U推敲や校正に!執筆に役立つ無料文章チェックツール4選 | taskey U

もちろん作風やジャンル、世界観によっても丁度いい漢字使用率は変わりますが、「日本語で書かれた現代的な小説の文章」として読みやすい比率を守りたいですよね。

また、当然のことですが、文豪の作品とweb小説にも大きな差があります。

文豪の作品は、漢字が多くても「とりあえず読んでおけば損はしない一般知識」として読む人がいます。

ただでさえ、美しい文章で書かれた名作が青空文庫に収録され、無料で読める現代。文豪たちの作品に対し、web小説は面白さだけでなく、読みやすさでも勝負しなければなりません。

「誰かに読んでほしい」と思っているのなら、名作で使われている漢字をそのまま自作でも漢字表記にするのは少し考えた方がいいでしょう。

ひとつの指標として、「漢字使用率30%」を目指してみてはいかがでしょうか。

「ひらく」べき漢字

漢字バランス3
では、どのような漢字をひらく(ひらがなにする)べきでしょうか?

現在出版される書籍には、ある程度の編集マニュアルが出版社ごとに作られています。

過去の作品が編集されることはほとんどありませんが、新しく出版された書籍はおおむねこのような言葉をひらいています。

「~して見る」「~出来る」などの補助動詞

他の言葉に付属して意味をもつ言葉は、ひらがなにしてもいい言葉。

「想像して見る」「想像出来る」といった言葉は、「想像してみる」「想像できる」と書くようにしてみましょう。

「躊躇う」「流行る」など、既存の言葉に送り仮名をつけたもの

これらの言葉はほとんど当て字のようなもの。

文芸創作系の大学では教授が元・編集者であることが多いのですが、授業では「送り仮名を消したときに他の読み方ができる単語はひらけ」と言われました。

大学で小説創作を学ぶということ | taskey U大学で小説創作を学ぶということ | taskey U

「躊躇う」は画数も多いので、文章全体の見やすさに大きな影響を与えやすい言葉ですね。

「事」「時」「物」などの形式名詞

ついつい変換してしまいがちな言葉。

「~という事」や「~する時」、「~と呼ばれている物」のような文に登場する「事」「時」「物」は、ひらがなにすることで文章のとっつきにくさを減らすことができます。

「然し」「又」などの接続詞

国語の授業で古文を学ぶ中学・高校程度の学生が変換しやすい言葉でしょうか。

大学に入って数年すると実感するのですが、このような漢字の使い方はほとんど古文・古典にしか登場しません。

古典調の話を書きたいときは使ってみてもいいかもしれませんが、どこかで読みやすさのバランスをとりたいですね。

普段読んでいる本の中に、普段書いている漢字を探してみる

漢字バランス4
「このあたりの漢字はひらいた方が読みやすい」という話が出ると、必ずと言っていいほど「そのくらい読めるでしょ」という反応があるように思います。

しかし、「読める」と「読みやすい」は違うはず。

読みやすい文章を目指すなら、やはり編集が入った書籍の文章を参考にすることが大切です。

「この漢字、実は読みにくいかも?」と思ったときは、同じ言葉を普段読んでいる小説から探してみてください。

その言葉は、漢字で書かれているでしょうか。それとも、ひらがなで書かれているでしょうか…?

おわりに

いかがでしたか?

読み手と書き手では、文章や漢字のインプット量が当然のように変わってきます。

「もっと他の人に読んでほしい!」と思ったら、まずは読者にとっての読みやすさを追求して漢字使用率を変えてみるのはいかがでしょうか。

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

関連記事
読者に合わせた文章で、小説をもっと読みやすくしよう
小説の1文の長さは何文字が最適? 伊坂幸太郎「太陽のシール」の字数を実際に数えてみました
推敲や校正に!執筆に役立つ無料文章チェックツール4選

The following two tabs change content below.
飯泉 涼花
飯泉 涼花
文章を書くことばかり考えています。大学では小説創作を専攻し、創作のノウハウや批評の仕方などを学んできました。クリエイターのみなさまの創作意欲を刺激する記事が書けるよう、頑張ります!

関連記事

30-monokaki (1)

30歳からの物書き道 「地球が吹っ飛んだ、と書けばいい」

ネット社会の今、現代人は子供も大人も朝から晩まで、文字漬けの生活送っている。Twitterや

記事を読む

naduke

櫻葉流 小説の登場人物の名づけ術!

こんにちは、櫻葉きぃです! ご挨拶が遅れましたが、今年もアンバサダーとして皆様のお役に

記事を読む

kiri

最後の最後で駄作にしない!キリのいい小説の終わり方

こんにちは! taskey Uアンバサダーの神田澪です。 いざ小説を書くとなると、冒

記事を読む

変化する小説1

小説は読者によって変化する 「想定と違う読み方」を受け入れよう

自分の想像をうまく形にできない…そんな悩みを抱えているクリエイターは少なくないと思います。

記事を読む

見直し1

満足できる小説を書くために意識しておきたい見直し・推敲のコツ

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 作品の完成度をあげるための「見直し」や「

記事を読む

30歳からの物書き道

30歳からの物書き道 「思い通りに書けない自分に気が付くこと」

こんばんは、来未炳吾です。 前回のコラム「30歳からの物書き道 『地球が吹っ飛んだ、と

記事を読む

14_01

描写力を鍛えて魅力的な小説を書こう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 クリエイターの皆さんは、どのようにして描写す

記事を読む

24_1a

単調な描写を避けるために、身につけておきたい5つの習慣

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 小説を書いていると、内容や言葉が単調にな

記事を読む

kamiiyu9

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第九回複数連載の心得

どうも神威遊です。本連載も、早いものでいよいよ最終回となりました。 9回に渡る連載の最

記事を読む

kamiiyusikirensaijutsu4

毎日更新を継続するための七ヵ条 ~神威遊式連載術~ 第四回更新スケジュールを組み立てる

どうも神威遊です。 ようやく暑い夏も終わりの兆しが見えてきました。 食欲と読書の

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑