*

柴村仁『プシュケの涙』 痛々しいまでの透明感と青春

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 おすすめ小説

pusyuke-top

皆さま初めまして、今回初めてtaskey Uアンバサダーとして記事を執筆させていただきます、玖田 蘭と申します。

さて、今回私が皆様にオススメする本は、柴村仁著『プシュケの涙』です。
柴村仁先生といえば、ライトノベル『我が家のお稲荷さま。』の作者としてご存知の方も多いのではないでしょうか。

1人の少女が死んだ。そして始まる「彼」の物語

スライド1

『プシュケの涙』も、『我が家のお稲荷さま。』同様、ライトノベルとして発売されています。
ですがこの本、いわゆる一般的なライトノベルのイメージとは少し違います。どちらかと一般文芸の青春小説、と言った方がしっくりくるかもしれません。

まず初っ端から、人が死にます。
そしてそこから物語が転がり始めていくのです。

物語は「榎戸川」という高校生の目線で進みますが、由良彼方という「変人」の高校生、そして榎戸川のクラスメイトであり、飛び降り自殺をしたらしい女子高生・吉野彼方の二人がキーパーソンに据えられています。

衝撃の事実と構成の妙

スライド3

本編は二部構成で進んでいきます。
第一部は榎戸川目線の物語、そしで第二部は本編の少し前、死んだ吉野彼方目線での物語になります。

第二部は謎解きというか、由良と吉野の奇妙で優しい関係についての物語です。

「変人」由良の奇行の理由、そして吉野彼方という少女の内面が深く掘り下げられて……いるのですが、前日譚ということからも明らかなように、この後吉野がどうなるのかは第一部で語られています。

それ故に、暗い学校生活から抜け出そうとする由良と吉野の二人の姿が、どこか物悲しく見えてしまうのです。

物語はハッピーエンドとは限らない

スライド2

この物語には救いがありません。

結末は是非この本を読んで皆さんに知って頂きたいのですが、ご都合主義の救済や裏話などは、この本ではほとんど語られません。

というのも、実はこの『プシュケの涙』は「由良シリーズ」と銘打たれたシリーズの第一作であり、続刊として『ハイドラの告白』『セイジャの式日』『ノクチルカ笑う』の三冊が発売されています。

由良の、そしてこの本の救いは、是非シリーズを通して見出していただけたらと思います。

まとめ

ということで、初めてのtaskey U記事、柴村仁著『プシュケの涙』についてご紹介させていただきました。
個人的な話になってしまいますが、この本は今の私の作品に絶大な影響を及ぼした小説の一つでもあります。

柴村先生の女性らしく繊細な筆致と鬼気迫るまでの心情描写。それを駆使してこれでもかとばかりに編み出された、思春期の少年少女たちの息苦しいまでの葛藤、そして痛々しいほど力強い思いを、これらの作品を通して感じていただきたいです。

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

※関連記事
2人の想いは世界を越えてつながっている『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が切ない!
魔法の設定が参考になるライトノベル5選
『戯言シリーズ』から学ぶ 西尾維新の小説の魅力!

The following two tabs change content below.
玖田 蘭
ファンタジーからホラー・青春系まで、書きたいものを書きたい時に書きたいだけ書く、まったり平和主義の文章武闘派です。毎日何かしら書いていないと禁断症状が出ます。創作サークル綾月メンバー。

関連記事

junbunnnyumon

今すぐ読みたい純文学の入門的おすすめ作品10選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 皆さんは、普段どんな小説を読まれますか

記事を読む

girl

編集長の読書録:あさのあつこ『ガールズ・ブルー』 大人と子どもの間、先鋭な自意識

あさのあつこ氏の『バッテリー』が映画化されたのが2007年ということは、今からもう8年も前の

記事を読む

akuta-1

「火花」の芥川賞受賞は、文学史上の大きな事件である(第153回芥川賞受賞作と選評を読んで)

第153回芥川賞発表から約1ヶ月が経ち、受賞作と選評が掲載されている『文藝春秋』9月号の発刊

記事を読む

summer

僕らの夏はいつもそこに 「夏」が舞台の青春小説3選

こんにちは。最近、布団が恋しくなってきた高瀬です。 冬の気配が段々と強まってきている今

記事を読む

image00

児童文学だけじゃない 大人も読みたい梨木香歩のおすすめ小説5選

みなさんこんにちは。猫屋ちゃきです。 私の好きな作家のひとりに梨木香歩先生がいるのですが、

記事を読む

Evernote Camera Roll 20151113 090158

もしも記憶が消せるなら……?ノスタルジックホラー小説 織守きょうや『記憶屋』

導入としてはいささか唐突ですが、『記憶屋』の主人公である遼一の言葉を引用します。

記事を読む

kimisui-1

話題沸騰!『君の膵臓をたべたい』が涙を誘う!!

初めまして。taskeyでは主に短編を公開させていただいております、高瀬拓実と申します。今回からアン

記事を読む

hyuka

ほろ苦い青春ミステリ小説 米澤穂信「古典部シリーズ」

皆さん、ミステリはお好きでしょうか? 私は別段好きというわけではないのですが、なぜか購入する本は

記事を読む

13806153755_b7becc3086_b

クリエイターなら読んでおきたい! 海外小説10選(ミステリー編)

Photo by Stefano Montagner on Flickr みなさんこんにちは、永瀬

記事を読む

架空派1

【文学フリマ東京こぼれ話】「架空派」のここがすごい!

ご無沙汰しています! taskeyアンバサダーの双葉彩葉です。 文学フリマが終わり一ヶ月以

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑