*

ファンタジージャンルを書くための資料紹介 『中世ヨーロッパの城の生活』

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 資料

中世ヨーロッパの城の生活1
こんにちは、射月アキラです。

ファンタジージャンルといえば、「中世ヨーロッパ」をモデルとした舞台を想像する人が多いのではないでしょうか。

荘厳な城や教会、美しい草原に森、働く人々が暮らす町…多くの「魔法」が登場する物語が生まれ、吟遊詩人や騎士などといったファンタジージャンルに欠かせない職業の人々が活躍した中世ヨーロッパ。

その生活感を概観したいときは、『中世ヨーロッパの城の生活』(講談社学術文庫)を参考にしてみてください。

「城」を中心にした「生活」の資料

『中世ヨーロッパの城の生活』は、タイトルの通り、中世の城を中心とした人々の生活を解説した本。

ほとんどがモノクロなので絵や写真を楽しむ目的には向きませんが、文章がメインの資料である分、詳細な情報が多く含まれています。

本文ではイングランドのチェプストー城を中心に、城に住む人々やその生活、城の主が所有する荘園の生活、戦時の城の役割など、城に関わる生活について解説されていますよ。

この一冊で得た知識にアレンジを加えれば、中世ヨーロッパ風の世界観にリアリティを持たせることができるはずです。

中世ヨーロッパ風の世界観を書く基盤に

生活について解説する本書を使えば、ファンタジー世界の日常的なシーンにワンポイントの「中世っぽさ」を含めることができるはずです。

たとえば、貴族の娯楽であった「狩り」や、城を管理する従者たちの役職、主に使われていた食材など、知ったらシーンを書きたくなる情報がたくさん詰まっています。

ですが、「中世」は一般にイメージされているよりも古い時代。

床に敷かれていたのは絨毯ではなくイグサですし、食事もナイフとフォークではなくスプーンと手掴みによるもの。ワインも醸造の技術が進んでいなかったため、味の悪いものを飲んでいたとされています。

華やかな世界を書きたいのに変なところでリアルを突き詰めてしまうと、思ったとおりの話を書けなくなってしまいます。

書きたいと思った要素を抜き出して、自分の書く話に組み込むのがいいでしょう。

厳密な歴史モノのジャンルを書くのでない限り、この資料はあくまで「参考」程度にとどめるのが上手な使い方と思います。

中世の人々の生活を覗く

城を中心とした生活に欠かせないのが、貴族と騎士、城を管理する従者と、荘園に暮らす小作人。

作品内の主役から脇役まで、生活を想像するための手助けをしてくれる『中世ヨーロッパの城の生活』の内容を一部ご紹介します。

城での生活

中世ヨーロッパの城の生活2
中世の時代、城に住んでいたのは、封建制度によって王から土地と城を与えられた貴族たちでした。

王が貴族に土地を与える代わりに、貴族は土地を管理し、税を払い、労働力や兵を提供します。このような関係が築かれていたこと自体は、日本史・世界史問わず、歴史を勉強していれば聞いたことがあるのではないでしょうか。

王に対する奉仕の義務があったとはいえ、貴族自身が土地を巡ったり、ましてや労働力として王の元で働くなどということはありません。

土地を管理するために奔走する家令や、親が仕える主君の元で修行し騎士となる貴族の息子など、城に直接関わる人の役割は多種多様。

もちろん、城の主やその奥方についても、個別に章が作られているほど詳細に解説されています。

荘園に暮らす人々

中世ヨーロッパの城の生活3
中世の城と切り離すことができない荘園。貴族が管理した土地には、小作人や農奴が暮らし、作物を生産し、家畜を飼っていました。

歴史の授業でも触れたであろう「二毛作」などの農作技術に加え、集落の中で行われる裁判や、集落内の教会の実態についても解説。

土地の管理者である貴族との関係性についても語られています。

「中世ヨーロッパ風ファンタジー」の作品でたびたび問題になる「登場する食べ物のリアリティ」については、荘園で生産されたものを参考にすると解決できるかもしれません。

おわりに

ファンタジーの舞台となりやすい、「中世ヨーロッパ」の生活についての資料を紹介しました。

ファンタジージャンルの時点でフィクション作品ですので、そこまでリアリティにこだわる必要はありませんが、知識として持っているとシーンを書くときにも役立ちます。

日常シーンを書くときにどうすればいいのか迷ってしまうときに、参考にできる資料だと思います。

それではみなさま、よい執筆活動を!

中世ヨーロッパの城の生活 (講談社学術文庫)

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

ファンタジージャンルを書くための資料紹介
『紋章の歴史 ヨーロッパの色とかたち』
『「聖書」と「神話」の象徴図鑑』
『魔女の薬草箱』
・『中世ヨーロッパの城の生活』

関連記事
ファンタジーを書くときに役立つ資料5選
ファンタジー小説を書くときに気をつけたい3つのこと
小説の資料にも使える! 残しておきたい学校の教科書5選

The following two tabs change content below.
射月アキラ
taskey Uアンバサダー。 創作集団「ぐりむ☆りーぱー」所属。ネットの片隅に生きるファンタジー書き。 国際派投稿サイトtaskeyの存在を知ってソワソワする程度の壊滅的な英語力なので、とりあえずひとことだけ──Thank You for Your "Love it!" !!

関連記事

写真集1

背景のイメージ作りに最適!小説創作のために写真集を活用しよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 物語全体の雰囲気を作る風景描写。

記事を読む

03_02

作品タイトルや登場人物の名前に迷ったときに使える『幻想ネーミング辞典』

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 クリエイターのみなさまは、作品に登場する「固

記事を読む

魔女の薬草箱1

ファンタジージャンルを書くための資料紹介 『魔女の薬草箱』

こんにちは、射月アキラです。 ハロウィンの時期、仮装の定番として知られる「魔女」。ファンタ

記事を読む

ファンタジー資料

ファンタジーを書くときに役立つ資料5選

こんにちは、射月アキラです。 ファンタジージャンルの話を書くとき、既存の神話や伝説に登場す

記事を読む

日本語と神道1

ファンタジージャンルを書くための資料紹介 『日本語と神道』

こんにちは、射月アキラです。 いわゆる王道のファンタジーといえば中世ヨーロッパ風の世界観が

記事を読む

象徴図鑑1

ファンタジージャンルを書くための資料紹介 『「聖書」と「神話」の象徴図鑑』

こんにちは、射月アキラです。 絵画や彫刻のみならず、文芸の世界でも使われることの多い「

記事を読む

スライド1

ファンタジージャンルを書くための資料紹介 『紋章の歴史 ヨーロッパの色とかたち』

こんにちは、射月アキラです。 ファンタジージャンルでは、中世ヨーロッパ風の世界観が多く登場

記事を読む

18_1

小説の資料にも使える! 残しておきたい学校の教科書5選

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 分からないことがあるとインターネットで検索で

記事を読む

08_02

ミステリー小説を書くなら読みたい法医学の入門書『死体入門』

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 今回は、なかなか集めにくいミステリー小説の資料に

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑