*

もしも記憶が消せるなら……?ノスタルジックホラー小説 織守きょうや『記憶屋』

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 おすすめ小説

Evernote Camera Roll 20151113 090158

導入としてはいささか唐突ですが、『記憶屋』の主人公である遼一の言葉を引用します。

「……記憶って、過去にあったことのかけらみたいなもんだろ? それが積もって、重なって、経験っていうか、そういうのになって、人間を作るんだろ。そのかけら、積もって重なってひとつのかたち作ってるひとかけらがいきなり消えちゃったら、もとのかたちじゃなくなるんじゃないかって、俺は思う。そのひとかけらの上に重なってた他のかけらまで、全部……ばらばらになって、形が変わって」

via:『記憶屋』

これを読んだ時、「ああ、うん、深い」と考えさせられました。

今の自分があるのは過去の経験、つまり「記憶」があるおかげで、その一つひとつが今の自分につながっていると捉えることもできます。

私は、小説の主人公が考えることにはほとんど同意しながら読みます。しかし、この遼一の考えには、珍しく完全に同意することができませんでした。

皆さんにも、「if」を考えた経験があるでしょう。
「こんな思いをするなら恋なんかしなきゃよかった」、「神様のいたずらでこんなこと聞いちゃったけど、できれば聞きたくなかった……」というような経験です。

それらを、もし……忘れることができたら……?

さらに踏み込んでみましょう。

――もし、記憶を消してくれる人が、いたら?

果たしてそれはいいことなのでしょうか?

『記憶屋』とは

s_aあ

『記憶屋』とは、角川ホラー文庫から発刊されている織守きょうや先生の作品。第22回日本ホラー小説大賞読者賞受賞作でもあります。

作品のあらすじを、裏表紙から引用してみましょう。

大学生の遼一は、想いを寄せる先輩・杏子の夜道恐怖症を一緒に治そうとしていた。だが杏子は、忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人「記憶屋」を探しに行き、トラウマと共に遼一のことも忘れてしまう。記憶屋など存在しないと思う遼一。しかし他にも不自然に記憶を失った人がいると知り、真相を探り始めるが……。記憶を消すことは悪なのか正義なのか?泣けるほど切ない、第22回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作。

via:『記憶屋』

私は本を選ぶ時、参考にしていることが3つあります。

1つは、「表紙」。2つ目は、「あらすじ」。そして、3つ目は「帯」です。

私の本棚に収まっている本の表紙を見ると、イラストが描かれていることが多いです。本作も、表紙には素敵なイラストが描かれていますね。
夕暮れ時、ベンチに座る青年と背中合わせになるようにして俯く少女。いいです。好きです、こういうの。表紙が作品の雰囲気を見事に印象づけていて、それがきっかけでこの本を手に取りました。

続いてあらすじです。「泣ける」とか「切ない」というキーワードに弱い私は、上記のあらすじを読んだ時点でほとんどレジに持っていく方に傾いていました。

そしてそれは、3つ目の帯で確実なものとなりました。「青春ノスタルジックホラー」。いいです。好きです、こういうの。(多用は禁物ですね、控えます)
青春もさることながら、「ノスタルジック」という言葉も大好きな私は、「表紙」「あらすじ」「帯」を確認して購入を決意しました。

 

それでは、気になる本の内容に移ります。
この物語は何かと記憶屋との接点がある遼一を軸に、記憶屋と関わった人のエピソードを交えながらその正体に迫っていくお話です。

あらすじからもわかるように、彼が記憶屋に対して否定的な考えを持っています。
彼は、記憶屋によって記憶を消された人物とコンタクトを取ります。そこには登場人物なりの考えがあり、自分とは違う思いに直面することに。そこに読者である私たちの考えも混ざり合って、記憶について深く考えさせる構造があると感じました。

 

さて、最初にも書いたように、私は遼一の考えに完全には同意できませんでした。遼一は記憶屋に対して完全に否定的な立場をとっていますが、個人的にはそこまで否定的になれませんでした。
作中には、記憶屋と接触した人物のエピソードが綴られており、個々人がそれぞれの思考の末に記憶を消去するに至っていました。私は、それらのどの思考にも共感することができました。
特に一つ挙げるとすれば、「弁護士のエピソード」に最も心を打たれました。私も彼と同じ状況であれば。記憶屋が存在するならそれに頼りたくなるだろうと思います。

物語の終盤では、記憶屋の正体が明かされます。そこには記憶屋にしかわからない悩みもあって、そして記憶屋の願いもあって……。最後は本当に切ない。物語は遼一の視点で進みますが、再読時には別視点で読むと、また違った読み方もできていいかもしれませんね。

ホラーの定義

s_mm
本作は、ジャンルとして「ホラー」に分類されています。みなさんはホラーについてどんなイメージをお持ちでしょうか。
私は、『呪怨』や『リング』、『着信アリ』といった、目を覆い耳を塞ぎたくなるようなおどろおどろしい描写のある作品を想起します。そういうイメージをお持ちの方も結構いらっしゃるのではないかと思います。

ところが、『記憶屋』を読むと、ホラーに対する考え方を改めさせられます。

初読の時はいつ怖いシーンがやって来るのかと構えていましたが、特に恐ろしいシーンもなく物語は終わってしまい、正直どこがホラーなのかと首をかしげました。

この作品のどこが「ホラー」なのでしょうか。
私が思うに、主人公遼一が記憶屋とその所業に対して抱いている感情に答えがあるのではないでしょうか。
たとえば遼一は序盤の方で杏子が彼の記憶を一切なくしていることに気づきます。遼一の視点になって読むと、そのことや他の話を通して彼が記憶屋に対してなぜ恐怖を抱いているのかよくわかると思います。そういう点において、この作品はホラーとして成立しているのではないでしょうか。

まとめ

以上、『記憶屋』を紹介させていただきました。少しでも記憶に残る記事となれば嬉しく思います。

ちなみに、私はホラー映画は何度か見たことがありますが、ホラー小説の方はあまり読んだことがありませんでした。しかし、こういう話でもホラーに入るのなら、他の作品にも手を出してみようかなと考えています。

さらにちなむと、ホラーに対するイメージとして挙げた有名な映画ですが、無理です。怖いです。最後にはなってしまいましたが、ホラー映画は無理なんです。映画館であの作品たちを見た方は本当にすごいと思います……。

それでは、最後に。

あなたは、記憶屋が存在したとしたら記憶を消してもらいたいと思いますか?

記憶屋 (角川ホラー文庫)

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

関連記事
話題沸騰!『君の膵臓をたべたい』が涙を誘う!!
僕らの夏はいつもそこに 「夏」が舞台の青春小説3選
2人の想いは世界を越えてつながっている『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が切ない!

The following two tabs change content below.
高田 実則
高田 実則
気づけば小説のことを考えています。好きなジャンルは青春小説。 編集部としてtaskeyをもっともっと盛り上げていきたいなと思っています!以後、お見知りおきを。

関連記事

image00

児童文学だけじゃない 大人も読みたい梨木香歩のおすすめ小説5選

みなさんこんにちは。猫屋ちゃきです。 私の好きな作家のひとりに梨木香歩先生がいるのですが、

記事を読む

pusyuke-top

柴村仁『プシュケの涙』 痛々しいまでの透明感と青春

皆さま初めまして、今回初めてtaskey Uアンバサダーとして記事を執筆させていただきます、

記事を読む

keisatsu

波乱の展開にゾクゾクしちゃう警察小説10選

taskey Uアンバサダーの神田澪と申します。 今回ご紹介するのは、相次ぐ映像化でも話題

記事を読む

24180

最果タヒ『空が分裂する』を読んで 死と思春期について

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 いつだって、詩とは私にとって難しいもの

記事を読む

13279892724_14be47f689_k

クリエイターなら読んでおきたい! 海外小説10選(ファンタジー編)

Photo by Tiff on Flickr 初めまして。永瀬晴輝と申します。 taske

記事を読む

kimisui-1

話題沸騰!『君の膵臓をたべたい』が涙を誘う!!

初めまして。taskeyでは主に短編を公開させていただいております、高瀬拓実と申します。今回からアン

記事を読む

ENTERY

文豪にチャレンジ!太宰治の入門的おすすめ小説5選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 皆さんは普段、どのような小説を読まれますか

記事を読む

架空派1

【文学フリマ東京こぼれ話】「架空派」のここがすごい!

ご無沙汰しています! taskeyアンバサダーの双葉彩葉です。 文学フリマが終わり一ヶ月以

記事を読む

girl

編集長の読書録:あさのあつこ『ガールズ・ブルー』 大人と子どもの間、先鋭な自意識

あさのあつこ氏の『バッテリー』が映画化されたのが2007年ということは、今からもう8年も前の

記事を読む

syoujosyousetu

瑞々しい感性がよみがえる、おすすめ少女小説9選

こんにちは、アンバサダーの神田澪です。 本好きな人であれば、誰にでも子供の頃の読書体験があ

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑