*

「タイプ数カウンター」を導入。お前は今までにタイプしたキーの数を覚えているのか!

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 執筆ツール

type

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。

突然ですが、皆さんは今までにタイプしたキーの数を覚えているでしょうか? 小説を書く方であれば、一日にすさまじい回数のタイピングをすることかと思います。しかし、具体的にどれくらいタイプしているのかはわからないですよね。

タイプ数カウンター」をインストールすると、自分が1日でどのくらいタイプしているのかが分かります。さらに、1日のどの時間帯にタイプ数が多いのか、どのキーをタイプする回数が多いかなどなど、細かい分析まで可能に……!

今回は、「タイプ数カウンター」を導入して9ヶ月経って考えたことを書いていきたいと思います。ぜひ、皆さんが導入したときの参考にしてみてくださいね。

使い方

このソフトは、インストールさえすれば勝手にタイプ数を計測してくれるので、導入がとても簡単です!

まず、Vectorで「タイプ数カウンター」をダウンロードします。画面に従って操作をすれば、簡単にインストールまで完了するはずです。

初めて起動したときに、「表示」→「オプション」→「起動」で、「スタートアップに登録」と「起動時に最小化」にチェックを入れておくのがおすすめです。すると、PCが起動するのに合わせてタイプ数カウンターも起動し、裏で勝手に計測をしてくれます。

type-2

type-3

1ヶ月で70万回タイプする

私はPC大好き人間で、PCさえあれば1日中退屈せずに過ごすことのできる自信があります。趣味がすべてPCでほぼ完結してしまう、というのも私がPCから離れられない大きな理由の1つです。

そんな私の趣味は、「文章を書くこと」です。小説を書くことももちろん好きですが、ブログを書いたり、taskey Uの記事を書いたり、Twitterに連投をしたり……とにかく、文章を書くことが好きなのです。しかも、その作業のほとんどをスマホではなくPCから行います。

そんなPC大好き人間の9ヶ月間のタイプ数がこちらになります。

Baidu IME_2015-12-5_14-48-28
赤い線が今日のタイプ数の変化を表しています。私が10時頃にPCでの作業を開始して、14時すぎにこの記事を書いていることが丸分かりですね……なんだかお恥ずかしい。

「カウント日数」を見ると270日となっているので、ちょうど9ヶ月くらい記録をしていることになります。「トータル」を見ると、ここまでタイプした回数はおよそ650万回。1ヶ月あたりなんと70万回もキーボードを叩いていることになります。1日の平均は2万4千回。2万4千回……!? 私は、本当に2万4千回も1日にタイプをしているのでしょうか。恐ろしい……(と書いている現段階で、すでに9千回ほどタイプしているのがさらに恐ろしいです)。

右手をいたわろう

ところで、私が最も押しているキーは「Enter」。変換を確定させるときには必ずタイプしますし、その他にも改行などでお世話になっています。個人的にはイライラするとEnterキーを連打する癖があるので、それも少なからず寄与しているのかなという気がします。

ところで、タイピングを長時間していると、右手だけがとても疲れることってありませんか? 腱鞘炎のような痛みを感じるのも、決まって右手です。これは何か理由があるのでしょうか……。

と思って、すべてのキーのタイピング回数をExcelで集計してみました! トップ10は以下のような感じになります。

Enter649,600
A593,862
BackSpace483,092
I466,912
O461,663
U433,900
N432,522
Space322,697
T305,371
K298,532

「A」「I」「O」「U」と母音が多くランクインしているのが特徴的ですね。ただ、「E」だけはトップ10に入れず12位。もしかすると、日本語の語彙には「え段」のものが少ないのかもしれません。また、注目したいのは「I」「O」「U」の3つは右手でタイプするということです(ホームポジションを守っていれば)。

さらに、「BackSpace」も右手を使うので、やはり右手が疲れるというのは間違いではなかったのでは?

と思い、せっかくExcelで集計したので右でタイプするものと左でタイプするもののタイプ数を比べてみると……。

4,240,638
2,156,346

やっぱり! なんと、右手と左手では2倍近くの差が出ました。そりゃあ右手だけ疲れるわけです。さらに、私は「G」や「B」や数字キーも右手でタイプすることが多いので、余計に疲れる原因となっているのでしょう。そう考えると、これからタッチタイピングの練習をしようと思っている方は、きちんとホームポジションを習得することをおすすめします。

執筆速度アップ!タッチタイピングを習得するための3つのコツ | taskey U執筆速度アップ!タッチタイピングを習得するための3つのコツ | taskey U

まとめ

以上、タイプ数カウンターを導入して気づいたことを書かせていただきました。ところで、導入してから最もタイピングをした日は7/26で、1日で6万回以上タイプしておりました。この日に、何があったのでしょうか……。

これを日々の執筆量を確かめる1つの指標にすると、モチベーションアップにつながるのではないでしょうか。書いた原稿量に対してタイプ数が多いと、「サボってTwitterに書いている文字数が多いんだな」みたいな振り返りもすることができますし。

ぜひ、みなさんも導入してみてください!

タイプ数カウンター|Vector

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

※関連記事
執筆速度アップ!タッチタイピングを習得するための3つのコツ
Twitterで #皆の執筆環境 を聞いてみました!
推敲や校正に!執筆に役立つ無料文章チェックツール4選

The following two tabs change content below.
伊藤 祥太
伊藤 祥太
「よく読み、よく書く」をモットーに。小説執筆に役立つ記事を書いています。「無間書房」という文芸同人の代表をしています。

関連記事

ColourDictionary

登場人物・作品のイメージカラー探しや表紙デザインに使えるアプリ「色の辞典」

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 文字だけで表現する小説では、キャラクター

記事を読む

novel_twitter

小説書きならフォローしておきたいTwitterアカウント13選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 皆さんはTwitterを使っていますか

記事を読む

nami2000_1

小説執筆に最適!無料のアウトラインプロセッサ「Nami2000」

小説をたくさん書いていると、人物に関する設定やプロットを書いたメモを管理するのが大変になってきま

記事を読む

Screenshot_2015-03-03-01-27-36

スマホアプリ「ライトレ-三題噺-」がお題探しに丁度良い

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! 皆さんは「三題噺」をご存知でしょうか? 元々は

記事を読む

mac (1)

Macって何? 小説書けるの? と思う方に贈る3つのこと。

はじめまして。taskey Uアンバサダーに加えていただきましたオカザキレオと申します。

記事を読む

googledrive

GoogleDriveを使って、文芸同人誌の原稿を管理しよう!

文芸同人誌を作っていると、意外と面倒なのが原稿の管理。 その大変さは、編集を担当したこ

記事を読む

KouritsuApp

効率的に創作活動をしたいクリエイターがダウンロードするべきアプリ5種

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 クリエイターのみなさま、創作活動は順調で

記事を読む

imihumei

意味不明な文章を生成する謎アプリ「意味不明文」の使い道を考えよう

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 「意味不明文」というスマホアプリをご存

記事を読む

kangaeru-top

「筆者の気持ち考えるマン」に、140字小説を書いたときの気持ちを考えてもらった

こんにちは、taskey U編集長の伊藤です! 入力した文章がどんな気持ちで書かれた文章かを判

記事を読む

simplenote

スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どうも、NURE-Mこと横滑り木偶

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑