*

長編小説を書く人におすすめ!設定・人物・ストーリーを管理できるフリーソフト「ArtOfWords」

公開日: : 最終更新日:2016/07/05 執筆ツール

artofwords

(※2016/2/24に追記あり)

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。

小説の設定をまとめるときに使えるソフトNami2000を、以前taskey Uで紹介いたしました。

小説執筆に最適!無料のアウトラインプロセッサ「Nami2000」 | taskey U小説執筆に最適!無料のアウトラインプロセッサ「Nami2000」 | taskey U

シンプルなアウトラインプロセッサであるNami2000に対し、「小説家のための執筆ソフト」として作られたフリーソフト「ArtOfWords」はさらに執筆や設定を管理することに特化しています。

今回は、特にたくさんの設定を決めなければならない長編小説を書くときにおすすめの「ArtOfWords」を紹介します!

「ArtOfWords」とは

artofwords05
ArtOfWordsは、Windowsで使用可能なフリーウェア。

キャラクターやアイテム、伏線のメモや、プロット作成に役立つシーンの設定、時系列を確認することのできる年表・タイムラインのような管理機能が搭載されています。

人物や設定、シーンが増えがちな長編を書くときに、物語全体の管理をサポートしてくれるのが利点。印刷ができない、禁則処理に対応していないなどの欠点があります。

しかし、設定管理をArtOfWords・執筆と印刷をMicrosoft Wordなどの別のソフトで行うことでフォロー可能。とにかく「設定をまとめる」のに便利なソフトです。

長編やシリーズものを構想するときや、登場人物の多い群像劇を書くとき、アイテムや伏線の多いミステリーものを書くときに役立ちそうです。

ダウンロード方法

ArtOfWordsのサイトからダウンロードできます。

サイト内のメニューから「ダウンロード」を選択し、最新版のリンクをクリックします。

artofwords02

artofwords03

ダウンロードしたセットアップソフトを起動すると、インストールが始まります。

インストール後、ArtOfWordsを起動すると、機能の説明を書いたマニュアルが開きます。

artofwords16

なんと、数人の人物が登場する台本書き形式。「小説を書くためのソフトウェア」ならではのマニュアルです。

登場人物をまとめる

キャラクターの設定を作るときは、右側のメニューから「登場人物」を選択。

artofwords06

左上の「追加」ボタンを入力することで、人物を一人増やすことができます。

artofwords07

artofwords08
基本データでは

  • 氏名・ミドルネーム
  • 通称
  • 性別
  • 年齢
  • 主人公との関わり
  • 所属・種族

の設定が可能。

特に「主人公との関わり」は、その人物が物語内でどのような役割を担っているのかが分かる大切なもの。一人で設定を作っているときには忘れてしまいがちですが、入力欄があることで人物の役割を強く意識し、考え直すことができます。

さらに詳細な設定を書いたり、メモを残しておくときには、自由入力欄を活用。

また、「略称」と「色」を設定すると、ArtOfWords内でシーンや時系列の管理をするときに、登場人物が分かりやすく表示されます。

設定をまとめる

ファンタジーやSF、ミステリーのジャンルを作るときに役立ちそうなのが「アイテム」。

「登場人物」と同様、右側のメニューから「アイテム」を選択し、「追加」ボタンをクリックすることで設定することができます。

artofwords09

「アイテム」という名前がついていますが、ファンタジーに登場する「魔法」や「書物」、SFの「機器」や「現象・法則」、ミステリーの「ミスリード」にも利用可能な機能。

設定全般をまとめる機能と言ってよさそうです。

アイテムに名前をつけ、「択一式」で分類し、自由記入欄にメモをとることで、詳細な設定をまとめることができます。

「アイテム」の分類は、自由入力の「タグ」と、選択制の「択一式」。

「択一式」だけでも充分なほどの分類が可能。見ているだけで必要な設定を思い浮かべることができそうです。

artofwords10

「択一式」で選ぶことのできる分類には、「罠・ミスリード」や「状況・状態」のようなものも含まれています。

「アイテム」という機能名に惑わされず、プロットをまとめるときに必要な要素を個別に管理するような感覚で作成するといいのかもしれません。

シーンをまとめる

右側の「展開」をクリックすると、シーンごとに分けられたプロットを作成することができます。

左上の「追加」をクリックして、1シーンずつ作っていきましょう。
artofwords11
記入欄は、

  • シーン名
  • 場所
  • 時間

これらと自由記入欄だけでも充分ですが、「登場人物」「アイテム」で、シーンに関わる人物と設定を登録することもできます。

登場人物は「このシーンでのポジション」「このシーンでやること」を、アイテムは「このシーンにもたらす効果」「このシーンでの使われ方」をそれぞれ登録。

ここで登場人物の「やること」を想像できなかったときは、その人物をシーンに登場させないことを考えた方がいいでしょう。

1つの場面に何人が登場し、どのように動くのかをプロット段階で視覚化できるので、「大人数が登場しすぎて描写しきれない」といった悩みを解消できるかもしれません。

活用方法

かなり細かい設定が可能なArtOfWords。

凝った設定の物語を作るときに役立ちそうですが、特に活用できそうな使用方法を紹介します。

「人物分析」でさらに設定を深める

長編やシリーズ構想のある物語には、たくさんの登場人物が必要になってきます。

ですが、自分の好きなように人物を作っていると似たような人物になってしまいがち。

他にも、登場人物に人間らしさ・奥行き・個性が出ないことに悩んでいる方がいるかもしれません。

そんなときは、「登場人物」の「人物分析」機能を使ってみましょう。

artofwords12

「人物分析」では、人物のバックボーンとなる設定を4項目16個の質問に答えることで詳細な設定をまとめることができます。

「この人物がこれまでに一番ショックを受けた出来事はどのようなものですか」「この人物が一番大事にしているものはなんですか」など、アンケートに答えるような感覚で個性を深めることが可能。

同じ質問を複数の登場人物に答えさせることで、人物ごとの差別化や、キャラの重複を避けることもできそうです。

登場人物に深みを出したいときは、こちらの記事も参考にしてみてください。

登場人物のキャラクターシートを作って作品に深みを出そう! | taskey U登場人物のキャラクターシートを作って作品に深みを出そう! | taskey U

張った伏線を一覧で確認する

伏線をアイテムとして登録・詳細をメモしておけば、張った伏線を一覧することができます。

アイテム名を「伏線」にし、択一式で分類を「罠・ミスリード」に設定。

artofwords13

アイテムメニューの検索窓に「伏線」、もしくは「罠」「ミスリード」などを入力して決定すると、伏線だけが表示されます。

artofwords14

張った伏線を忘れてしまう、といった悩みのある方は活用してみてはいかがでしょうか。

シーンの時系列を確認する

シーンに日時を登録すると、「時系列」で年表・タイムライン状にして確認することができます。

artofwords15

物語に直接関わるシーンの他、登場人物一人ひとりがどのように動いているのかを登録すると、物語全体のタイムラインを作成できます。

「このシーンの裏ではこの人物が別のことをしている」ということを視覚的に管理できるのが特徴。

日付の登録には現実のカレンダーを利用していますが、ファンタジー世界の年表を作ることも可能です。

タグ機能で人物やアイテムを管理する

(※2016/2/24に追記)

タグ機能を活用することで、人物やアイテムをさらに細かく管理することができます。

タグは1つのファイル内で共有されるので、人物とアイテムに同じタグをつけることも可能。増えすぎた人物や設定を分類するのに役立ちます。

タグ機能を利用するときは、「登場人物」もしくは「アイテム」のページにある「タグ」メニューの「+」ボタンをクリック。

WOAa01

WOAa02

タグはツリー状に作成することができます。

左側にある「タグツリー」内にある「タグ」を選択すると「+」ボタンが出てきますので、クリックしてタグを追加します。

現れたタグの名前をクリックすることで、タグ名の変更が可能です。

WOAa03

一番上の「+」ボタンをクリックすれば同じ層に、新しく作成したタグの「+」ボタンをクリックすれば下層にタグを追加。

実際に人物やアイテムにタグをつける際は、タグを選択した状態で「→」のボタンをクリックします。

WOAa04

作業が完了したら、タグメニューの外側をクリックすることで確定し、元の画面に戻ります。

おわりに

いかがでしたか?

長編の執筆に挑んでみたいけど、設定をまとめるのが難しい…という方におすすめのソフトです。

設定が複雑になりすぎて整理が難しくなってきた方は、ぜひArtOfWordsを利用してみてください。

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

関連記事
小説執筆に最適!無料のアウトラインプロセッサ「Nami2000」
小説執筆のためのEvernote活用法
理想の小説執筆エディタって何だろう? アンケートで意見を聞いてみた

The following two tabs change content below.
飯泉 涼花
飯泉 涼花
文章を書くことばかり考えています。大学では小説創作を専攻し、創作のノウハウや批評の仕方などを学んできました。クリエイターのみなさまの創作意欲を刺激する記事が書けるよう、頑張ります!

関連記事

Baidu IME_2015-3-5_2-27-29

「文体診断ロゴーン」で、誰に似た文章なのかをチェック!

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! 高校生の頃、「伊藤くんってフルーツポンチの村上

記事を読む

MadoriTouch

小説創作で室内の背景描写に困ったら、アプリ「間取りTouch+」で部屋を作ろう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 小説の執筆中、室内の描写に困った経験はあ

記事を読む

ColourDictionary

登場人物・作品のイメージカラー探しや表紙デザインに使えるアプリ「色の辞典」

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 文字だけで表現する小説では、キャラクター

記事を読む

Screenshot_2015-03-03-01-27-36

スマホアプリ「ライトレ-三題噺-」がお題探しに丁度良い

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! 皆さんは「三題噺」をご存知でしょうか? 元々は

記事を読む

evernoteoka

小説執筆のためのEvernote活用法

皆さん、Evernote使ってますか? ヘビーユーザーだという方もいれば、全く使ってい

記事を読む

mac_custom

小説執筆のためのMacカスタマイズ

俺はマカー・負け組マカー・10年かけてコスト回収! 人生ギリギリ、滑り込みアウト!! どうも、

記事を読む

13_01

無料で使えるオンライン辞書3選

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 クリエイターのみなさんは、小説を書いていると

記事を読む

kangaeru-top

「筆者の気持ち考えるマン」に、140字小説を書いたときの気持ちを考えてもらった

こんにちは、taskey U編集長の伊藤です! 入力した文章がどんな気持ちで書かれた文章かを判

記事を読む

modalina

服装描写の資料に イラスト付きが嬉しい「モダリーナ」の「イラストファッション・アパレル用語図鑑」

「ガチョウパンツだと思ってたら、ガウチョパンツだった!」というツイートをたくさん見た今年の夏

記事を読む

type

「タイプ数カウンター」を導入。お前は今までにタイプしたキーの数を覚えているのか!

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 突然ですが、皆さんは今までにタイプした

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑