*

小説書きが困る「Microsoft Wordのお節介」を止める方法まとめ

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 Microsoft Word

Wordのお節介01
こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。

小説を書くときに活用している方も多いMicrosoft Word。

Windows機に標準搭載されていることも多く、仕事や学業で使う機会もあるので「小説でも…」と思って利用する方が多いのではないでしょうか。

しかし、書類・レポートの作成と小説の執筆はまったく別のもの。今まで気にならなかった機能が邪魔に感じることもあるかと思います。

今回は、ハッシュタグ #小説書きが困るWordのお節介 に寄せられた「お節介機能」を中心に、その解除機能をご紹介します!

※スクリーンショットはMicrosoft Word2010のものです。バージョンによっては表示が違うこともありますので、実際の操作画面を見ながら設定してください。

自動字下げを解除する

Wordの「行頭の1字スペースを自動で入れる」機能を、邪魔に思う小説書きの方は多いのではないでしょうか?

ただの全角スペースならいいのですが、Wordが行うのはインデントによる「見た目だけの」処理。Wordで執筆を行い、原稿をコピペして投稿サイトに掲載するというときに、自動字下げで入ったスペースは反映されません。

他にも、字下げの必要がないセリフでも自動で1字下げをされ、ストレスを感じる…なんてこともあるはずです。

自動字下げ機能を止めるときには、「ファイル」タブの「オプション」をクリック。

Wordのお節介02

「文章校正」の中の「オートコレクトのオプション」を選択します。

Wordのお節介03

「オートコレクト」ウィンドウが出たら、「オートフォーマット」タブの「行の始まりのスペースを字下げに変更する」からチェックを外し、「OK」をクリックして確定しましょう。

Wordのお節介04

ページ分けの際の自動修正を解除する

Wordを初期設定のまま使っていると、不自然なところで改ページが行われることがあります。
Wordのお節介15

これは、「段落の途中でページが変わる」ことをWordが避けているため。

改行頻度が高ければ気にならないかもしれませんが、印刷するときに無駄に多く紙を消費してしまったり、行と段の字数が厳密に決められている公募の規定を守れなかったりする危険性があります。

ページ分けの際の自動修正をやめさせるときは、文章全体を選択した状態で「ホーム」タブの「段落」右下にあるボタンをクリック。

Wordのお節介16

「段落」の詳細メニューにある「改ページと改行」タブ内、「改ページ位置の自動修正」のチェックボックスを全て空欄にします。

Wordのお節介17

「OK」をクリックして確定すると、段落途中の改ページがなくなっているはずです。
Wordのお節介18

Wordを使って小説公募の規定を守りたいときは、こちらの記事も参考にしてみてください。

Microsoft Wordで小説公募の規定を守るには | taskey UMicrosoft Wordで小説公募の規定を守るには | taskey U

「くだけた表現」に校正の印をつけさせない

Wordの魅力の1つに「執筆中、リアルタイムで校正をかけてくれる」というものがありますが、必要のないところにも印がついてしまうことがありますよね。

特に、小説のセリフや一人称の地の文では、「普通に喋っているような口調」を書くことが多いはず。書類やレポートを作成することを前提としているWordの初期設定では、「~なんだ」を「~なのだ」に修正させようとします。

この「くだけた表現」に修正の印を入れさせないようにするときは、「ファイル」タブの「オプション」をクリック。

Wordのお節介02

「文章校正」の「Wordのスペルチェックと文章校正」内、「文章のスタイル」を「くだけた文」にして「OK」で確定します。

Wordのお節介09

指摘されても無視してしまえばいいのですが、中には本当に直すべき誤字脱字が含まれているかもしれません。

Wordの校正機能をうまく調節することで、推敲にかける時間を減らすことができます。

こちらの記事で、校正機能のさらに詳細な設定方法や活用方法をまとめています。校正・推敲に悩みを抱えている方は、参考にしてみてくださいね。

クリックだけで修正できる! 実は使えるMicrosoft Wordの校正機能 | taskey Uクリックだけで修正できる! 実は使えるMicrosoft Wordの校正機能 | taskey U

オリジナルの英字用語を勝手に修正させない

書いている小説の中に英語の固有名詞が登場する、という方もいるかもしれません。

オリジナルの英単語は当然「スペルミス」として指摘されてしまいますし、入力補助のつもりで様々な修正がなされてしまうこともあるはず。

特に、すべて小文字の単語は最初の字を大文字に自動変更されてしまいます。

taskeyはすべて小文字なのですが…Wordの設定をしなければ、自動的に文頭が大文字になってしまいます。

Wordのお節介10

こうした自動修正をやめさせるには、自動字下げ機能と同じく「オートコレクト」を調節する必要があります。

「ホーム」タブの「オプション」を開き、「文章校正」の「オートコレクトのオプション」をクリックします。

Wordのお節介02

Wordのお節介03

「オートコレクト」タブ内に英字関連の修正項目があります。特にこだわりなどがなければ、すべて外しておくといいでしょう。

設定が完了したら「OK」をクリックして確定。

Wordのお節介12

自動修正だけでなく、校正の印もつかないようにしたいときは、オプション画面の英字関連のチェックボックスを調節するといいかもしれません。

Wordのお節介13

行頭の数字や記号を箇条書きにさせない

普通の文章を書いているつもりで行の最初に数字や記号を記入したとき、Wordの機能によって箇条書きの扱いをされてしまうことがあります。

この「自動箇条書き化」の機能も、「オートコレクト」の設定で止めることが可能です。

「ホーム」タブの「オプション」を開き、「文章校正」の「オートコレクトのオプション」をクリック。

Wordのお節介02

Wordのお節介03

「入力オートフォーマット」の「箇条書き(行頭文字)」と「箇条書き(段落番号)」からチェックを外し、「OK」で確定しましょう。

Wordのお節介14

おわりに

いかがでしたか?

きちんと設定することで、Wordでの執筆はもっとスムーズになるかもしれません。

他にも「お節介」だと思う機能がありましたら、ハッシュタグ #小説書きが困るWordのお節介 に投稿してみてください!

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

関連記事
Microsoft Wordを使ってデジタル原稿に赤ペン修正を入れよう
Microsoft Wordで書いた原稿に、段落毎の空白行を1分で挿入する方法
Microsoft Wordを使って、原稿用紙を自作しよう!

The following two tabs change content below.
飯泉 涼花
飯泉 涼花
文章を書くことばかり考えています。大学では小説創作を専攻し、創作のノウハウや批評の仕方などを学んできました。クリエイターのみなさまの創作意欲を刺激する記事が書けるよう、頑張ります!

関連記事

word校正

クリックだけで修正できる! 実は使えるMicrosoft Wordの校正機能

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 Microsoft Wordを使って執筆

記事を読む

kuuhaku-10

Microsoft Wordで書いた原稿に、段落毎の空白行を1分で挿入する方法

面倒くさいことが大嫌いなtaskey U編集部の伊藤です、こんにちは! 私は普段、Mi

記事を読む

word5

Microsoft Wordを使って、原稿用紙を自作しよう!

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です! 皆さんは、手書きで小説を書いたことがありますか

記事を読む

23_9

Microsoft Wordで小説公募の規定を守るには

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 今回は、新人賞への応募のために、Mi

記事を読む

アイキャッチ

「Microsoft Word」で小説の表紙画像を作ろう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 以前、taskey Uでは無料ソフト「G

記事を読む

wordで赤ペン1

Microsoft Wordを使ってデジタル原稿に赤ペン修正を入れよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 みなさんは、小説の推敲をするときに普段の

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑