*

『人間失格』など、有名文学作品の入り口に最適なライトノベル『“文学少女”』シリーズ

公開日: : 最終更新日:2016/06/11 おすすめ小説

20160511033442
こんにちは。taskey U編集部の飯泉です。

『人間失格』など、タイトルは知っている有名作品でも、読むきっかけや意欲がなかなか作りにくいことは多いと思います。

無理をしてでも読む! という気持ちで読み始めても、長続きしないことがあるのではないでしょうか。

そんなとき、ライトノベルを読み慣れている方なら、『“文学少女”』シリーズから有名作品に入ってみることをおすすめします。

有名作品とリンクするミステリー

『“文学少女”』シリーズは、有名な文学作品をモチーフにしたライトノベル。

モチーフとなった文学作品と似たストーリーの展開や構成を辿る他、その作品に大きな影響を受けたり、強く共感したりした人物が登場します。

シリーズ第1巻の『“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)』は、太宰治の『人間失格』をモチーフにした物語。

文芸部に持ち込まれた「恋文の代筆」の依頼を受けることになった主人公の井上心葉は、依頼人・千愛の代わりに恋文を作成する内、依頼に不自然さを感じ始めます。

その原因であり、千愛が恋文を送る相手でもある「片岡愁二」という人物を探す心葉。しかし、学校の生徒名簿の中からも名前を見つけられません。

「片岡愁二」の存在を主張する千愛を問い詰め、渡された愁二の手紙には『人間失格』をなぞる文章が多く含まれていて…。

『人間失格』の主人公と同様に「人の心が分からず道化を演じている」愁二と、その手記に書かれる「道化を見抜いた」Sの正体を探る展開は、『人間失格』を読んでいる人も、読んでいない人も楽しめるストーリーです。

「元天才美少女作家」と“文学少女”の文芸部

本作の主人公・心葉は、中学時代に応募した小説がベストセラーになり、女の子のようなペンネームを使ったために「天才美少女作家」となってしまった経験のある男子高校生。

とある経験から小説を書くのをやめてしまった心葉でしたが、自称・文学少女の天野遠子が「物語を食べている」ところを目撃してしまい、文芸部に入部することになります。

直筆で書かれた物語をなによりも愛する遠子に、「おやつ」として三題噺を要求される心葉。どんなに下手な文章で書いた物語でも、批評や感想を交えながら「完食」する遠子は、心葉専属の辛抱強い編集者のような立ち位置にもなっています。

「初恋」「苺大福」「国会議事堂」といった、遠子が出すめちゃくちゃなお題はもちろん、お題に応えて心葉が書く三題噺の内容も見逃せません。

小説を書く側の視点で、「このお題ならどんな話が書けるかな?」と想像してみるのも楽しそうです。

「味覚」で表現される“文学少女”の書評

-shared-img-thumb-NKJ56_coffeecok_TP_V
食事の代わりに物語を食べる“文学少女”の天野遠子は、物語の感想でも味覚を使った独特の表現を用います。

たとえば、『“文学少女”と死にたがりの道化』では、フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』を食べた遠子がこのように語っています。

「う~ん、美味しいっ。フィッツジェラルドってすごく華やかな味。虚飾と栄光と情熱がワルツを踊っていて、パーティーで、きらきらのキャビアをシャンパンと一緒にいただいてる気分。歯をあてると繊細な薄皮がぷちんとはじけて、薫り高い液が舌の上にこぼれてくるの。主人公のギャッツビーが、ものすご~~~く純情で応援したくなっちゃう」

『“文学少女”と死にたがりの道化』p.37

普通の食事を摂っても味を感じることのできない遠子が想像で語る味覚は、どこかおとぎ話のような雰囲気を醸し出しています。

「こんな味のする物語は、どんな話なんだろう…」と想像すると、また新しい作品に出会えるのではないでしょうか。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

また、遠子が好きなのは「甘い恋愛小説」で、心葉に要求する「おやつ」にもよく恋愛ものをリクエストしますが…めちゃくちゃなお題に応えた心葉が嫌がらせで書いたはちゃめちゃな展開の物語は、ゲテもの料理のような味がするようです…。

「やだぁ、苺大福の箱が落っこってきて初恋の人が死んじゃった~~~~~。やだぁ、やだぁ、ヘンな味~~~~。お豆腐のお味噌汁に、あんこを浮かべたみたい~~~。ぐすっ、ひっく、マズイよ~~~」

『“文学少女”と死にたがりの道化』p.21

おわりに

いかがでしたか?

「美食家」である遠子の作家紹介を見ると、硬いイメージのある文学作品にも興味が湧いてくるかもしれません。

特に、クライマックスで遠子が力説する太宰の魅力は一読の価値あり。

『“文学少女”と死にたがりの道化』を読んだあとは、『人間失格』をはじめとした太宰作品にもチャレンジしてみてくださいね。

“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】(ファミ通文庫)

人間失格‐青空文庫

文豪にチャレンジ!太宰治の入門的おすすめ小説5選 | taskey U文豪にチャレンジ!太宰治の入門的おすすめ小説5選 | taskey U

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

関連記事
短編連作で綴られる寓話的ライトノベル 時雨沢恵一『キノの旅』の魅力とは
今すぐ読みたい純文学の入門的おすすめ作品10選
小説のアイディアが浮かばないときは、翻案に挑戦してみよう

The following two tabs change content below.
飯泉 涼花
飯泉 涼花
文章を書くことばかり考えています。大学では小説創作を専攻し、創作のノウハウや批評の仕方などを学んできました。クリエイターのみなさまの創作意欲を刺激する記事が書けるよう、頑張ります!

関連記事

架空派1

【文学フリマ東京こぼれ話】「架空派」のここがすごい!

ご無沙汰しています! taskeyアンバサダーの双葉彩葉です。 文学フリマが終わり一ヶ月以

記事を読む

huransu

秋の夜長におすすめ! フランス小説5選

こんにちは、taskey U編集部の松下 安武です。これが初めての記事となります、よろしくお

記事を読む

Moon Trek

クリエイターなら読んでおきたい! 海外小説10選(SF編)

Photo by photophilde on Flickr みなさんこんにちは。taske

記事を読む

morimi

これから読み始める人へ!森見登美彦のおすすめ小説5選

高校生のときに、初めて森見登美彦氏の小説を読んだ日のことを、今でも忘れることができません。 『

記事を読む

aaa

2人の想いは世界を越えてつながっている『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が切ない!

みなさん、運命の出会いって信じますか? 一目見た瞬間、ああ、この人だなという直感。残念ながら私は

記事を読む

syoujosyousetu

瑞々しい感性がよみがえる、おすすめ少女小説9選

こんにちは、アンバサダーの神田澪です。 本好きな人であれば、誰にでも子供の頃の読書体験があ

記事を読む

tabemono_syousetsu

食べ物が美味しそうな小説7選

こんにちは、猫屋ちゃきです。 日に日に秋が深まってきていますね。 秋といえば皆さんにとっ

記事を読む

isakaosusume

稀代のストーリーテラー 伊坂幸太郎のおすすめ小説7選

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説好きで伊坂幸太郎の名前を知らないと

記事を読む

14249428718_20f33b6eff_k

クリエイターなら読んでおきたい! 海外小説10選(恋愛小説編)

Photo by Hernán Piñera on Flickr みなさんこんにちは。task

記事を読む

狼と香辛料01

ファンタジー世界の経済がテーマのライトノベル 支倉凍砂『狼と香辛料』

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 新しく1つの世界を作り出すハイファンタジ

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑