*

ライターとしても活動したい小説書きがやっておくべき5つの習慣

公開日: : 宣伝・広報, 小説ノウハウ

writer
こんにちは、taskey U編集部の飯泉です!

小説を書いている内に文章を書くことが好きになり、「文字を書く仕事をしてみたい」と思うようになった方は少なくないかもしれません。

小説やシナリオだけでなく、taskey Uのようなwebメディアの記事や紙の書籍の文章まで、「ライター」によって書かれた文字は世の中にたくさんあります。

「小説家」だけではなく「ライター」も目指してみたい、という方は、今回紹介する5つの習慣を身に付けておくと役立つはずです!

とにかく文章を公開する

writer1
「小説家」でも「ライター」でも、自分の書いた文章にある程度の自信を持っていなければ目指すのは難しいはずです。

「未熟な文章をインターネット上に載せるのは恥ずかしい」という気持ちもよく分かりますが、一回文章を公開してみると、「自信がないから公開しない」という気持ちが「公開したから自信が持てる」に変わるかもしれません。

「自信がついたら公開する」ではなく、「公開して自信をつける」という気持ちでどんどん踏み出してみましょう。

また、実際にライターとして活動する際にも、「自分がどの程度の文章を書けるか」をすぐに伝えることができるので、とにかくたくさん文章を公開することが大切です。

140字小説を書く

writer2
ライターとして仕事を受けたとき、ひょっとすると厳しい字数制限が待ち受けているかもしれません。

特に、最初に紙面のデザインを決め、見出しや画像の配置がきっちりと決まっているような紙の書籍では、文字を書くスペースが限られてしまいます。

字数×行数それぞれが厳密に決められていて、それに合わせて過不足なく文章を作らなければならないとき、140字小説を書いた経験があれば役に立つはずです。

宣伝活動としての140字小説、はじめませんか? | taskey U宣伝活動としての140字小説、はじめませんか? | taskey U

140字小説を書くと、字数調整のための言い換えを探す力はもちろんのこと、言葉の必要・不必要を見極める力がつきます。

もちろん、現代国語の記述テストでも同じようなことができます。高校生以下の学生の方は、答案用紙の字数をぴったり埋めることに挑戦してみてください。

自分で決めた締切を守る

writer3
「ライター」と聞いたら「締切」という言葉が出てくる方は多いのではないでしょうか。

ライターを始め、「ものを作る」仕事に「締切」は不可欠です。締切がなければいくらでも手を加え、修正することが可能で、いつまでたっても出版・公開することができなくなってしまうからです。

締切を守る力をつけておいて損はありません。以下の記事で紹介した、「自分で締切を作る」という習慣が役に立つはずです。

完璧主義・凝り性な人は、締切を決めて小説を書こう | taskey U完璧主義・凝り性な人は、締切を決めて小説を書こう | taskey U

締切を作ると気持ちが引き締まりますし、慣れてくると「どのくらいの文章をどのくらいの期間で書くことができるか」が分かってきますので、心にも余裕が持てます。

もちろん、「どう頑張っても間に合わない」という状況に陥らないためにも、余裕を持ちすぎないことはとても大切です。

小説以外の文章を書く

writer4
小説ならば簡単に書けるはずの原稿用紙1枚の感想文やレポートにつまずき、苦しんだ方もいるのではないでしょうか。

「小説」と「小説以外の文章」には、大きな違いがあります。

たとえば、この記事の中に小説のような文章がいきなり混ざったら違和感があるはずです。逆に、小説の中に記事のような一文があっても目立ってしまうでしょう。

小説の文には、「断定」の必要性がありません。すべてを言い切る必要はなく、想像の余地を残したり、判断を読者に任せることができます。

ですが、記事やレポートのような「小説以外の文章」では、きちんと「断定」する必要があります。

決められた内容を過不足なく断定して書き表す能力は、ストーリーを美しく分かりやすい文章で表現する能力とは違います。

ライターとして活動するためには、小説以外の文章を書くことに挑戦する必要があるでしょう。

「文字を書く」活動を広げたい方は、エッセイや書評、批評に挑戦してみるといいかもしれません。

「文章を直されること」に慣れる

writer5
ライターになったとき、締切と同じくらい避けることができないのが「編集者」の存在です。

ライターが文章を書く紙の書籍やwebメディアには、それぞれテーマや方向性、ターゲットになる読者層があります。

そのすべてをライターが把握できて、完璧な原稿を書きあげてしまえばよいのですが、メディアのテーマを完全に理解して書くことは難しいですし、完璧な原稿を作るのには時間がかかります。

締切に間に合わせるためには、ライターが文章を書き、編集者が書籍やメディアの方向性に合わせて整えるという役割分担が必要。

とはいえ、頑張って書いた文章が修正されているのを見るのは、慣れていても苦しいものです。

そんなときに深刻に悩みすぎてしまわないよう、ある程度「文章を直されること」に慣れておく必要があるでしょう。

直されたり、指摘された部分に対し、「これからの執筆に役立てよう」という気持ちを持つことができるといいですね。

まとめ

いかがでしたか?

文章を書く仕事についてみたい! と思ったことのあるクリエイターの方は参考にしてみてください。

以下は宣伝となります。

「文章を直されること」に慣れる、が難しいと感じた方には、taskey Uに記事を寄稿するtaskey Uアンバサダーがおすすめです。

taskey Uに寄稿していただいた記事は、編集部で校閲・校正を行い、アンバサダーご本人に確認していただいた上で公開いたします。

興味のある方は、まずはこちらの記事をお読みください。
taskey Uでは、編集部と共に記事を執筆していただけるアンバサダーを募集しています。

よりよい記事になるよう、ネタ出しから公開までフォローさせていただきます!

taskeyで小説を書く→taskey | 世界中のクリエイターと共に、スマートフォン小説をつくろう

関連記事
小説を書く人は、ブログも書いてみるべし
なぜ多趣味な人は小説を書くのがうまいのか
初めての批評をするときに持っておきたい5つの心構え

The following two tabs change content below.
飯泉 涼花
飯泉 涼花
文章を書くことばかり考えています。大学では小説創作を専攻し、創作のノウハウや批評の仕方などを学んできました。クリエイターのみなさまの創作意欲を刺激する記事が書けるよう、頑張ります!

関連記事

kiri

最後の最後で駄作にしない!キリのいい小説の終わり方

こんにちは! taskey Uアンバサダーの神田澪です。 いざ小説を書くとなると、冒

記事を読む

ダークファンジー1

初めてダークファンタジーを書くときの心構えと、おすすめの世界観パターン3つ

こんにちは、射月アキラです。 ファンタジージャンルと言えば、中世ヨーロッパ風で、どこかメル

記事を読む

企画書1

小説を完結させるために企画書を書いてみよう

みなさんこんにちは。猫屋ちゃきです。 私はtaskeyで何作か長編を公開していますが、実は

記事を読む

24_1a

単調な描写を避けるために、身につけておきたい5つの習慣

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 小説を書いていると、内容や言葉が単調にな

記事を読む

kanso (1)

Web小説への感想・批評がもらえない? そんな状況を打開するたった1つの方法

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 小説投稿サイトやブログなどには、コメン

記事を読む

kamiiyusikirensaijutsu4

毎日更新を継続するための七ヵ条 ~神威遊式連載術~ 第四回更新スケジュールを組み立てる

どうも神威遊です。 ようやく暑い夏も終わりの兆しが見えてきました。 食欲と読書の

記事を読む

スライド1

物語の基本!起承転結を取り入れよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 物語の基本の流れ、起承転結をご存知ですか

記事を読む

自分の言葉1

類語辞典は使わなくてもいい 初心者こそ、自分の言葉で小説を書こう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 小説を書くには、豊富な語彙力が必要だと思

記事を読む

blog-write

小説を書く人は、ブログも書いてみるべし

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 私は小説を書くのと並行してあとーす

記事を読む

20_1

小説を書くなら気をつけたい、物語の「時間」に関する3つのこと

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 今年ももう半分が終わろうとしています

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑