*

nyanの作品拝見! ー 第4回 菊池川詠人『赤と黒2011 ~ Le Rouge ou le Noir』

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 taskey小説紹介 ,

菊池川詠人『赤と黒2011 ~ Le Rouge ou le Noir』を拝見しました!

皆様こんにちは、Taskeyで執筆しておりますnyanと申します。

taskey Uのアンバサダーとして、本家taskeyさんの掲載作品をご紹介させて頂いております。

第四回となる今回は、菊池川詠人さんの『赤と黒2011 ~ Le Rouge ou le Noir』を紹介させていただきます。
これは東日本大震災、被災地の病院を舞台にした物語です。
(災害・医療処置・人の生死を取り扱う作品となります。閲覧にはご注意下さい。)

トリアージ、それは命の選別。
被災地の極限状況の中で、起きてしまった出来事。
ー作品概要から引用

Wikipediaによりますと、トリアージとは「対応人員や物資などの資源が通常時の規模では対応しきれないような非常事態に陥った状況で、最善の結果を得るために、対象者の優先度を決定して選別を行うこと」となっております。災害医療現場などで使われるトリアージのために使われるタグは話中に説明も出てきますが、Wikipediaでは以下の通りでした。

  • 黒[6] – カテゴリー0(死亡群)死亡、または、生命徴候がなく救命の見込みがないもの。
  • 赤[7] – カテゴリーI(最優先治療群)生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置をすべきもの。
  • 黄[8] – カテゴリーII(待機的治療群)赤ほどではないが、早期に処置をすべきもの。一般に、今すぐ生命に関わる重篤な状態ではないが、処置が必要であり、場合によって赤に変化する可能性があるもの。
  • 緑[9] – カテゴリーIII(保留群)今すぐの処置や搬送の必要ないもの。完全に治療が不要なものも含む。
    ーWikipediaより引用

では今回もネタバレを極力避けながら、作品についてお話させていただきます。

『赤と黒2011 ~ Le Rouge ou le Noir』における「世界観」

 ――たった四色の選択。神ならぬ身の苦悩と共に
彼らは救うべき命を選ばなければならない――

登場人物は、主人公の若き医師「牧村亮介」を始めとする、南宗田市立中央病院の医師と患者たちとなります。
主人公・亮介は以前国際医療チームに参加し、他国の内戦の戦場にいました。その当時はトリアージの仕組みを理解しながらも、感情的に受入れられないという苦い経験をしています。

他の病院関係者は、院長、児玉医師、山倉医師、宮田看護師長など。
患者には骨折で入院中だった桜田という青年、災害で骨折した亮介のよく知る小学生の少女・詩織、そして意識不明となった亮介の婚約者の藤村美穂など。
他にも支援者や一般の市民など含め、多数の人々が被災地の病院に登場します。

舞台設定は大震災当時の日本。回想シーン以外は南宗田市立中央病院となります。

nyanの一押しポイント

些細な決断であっても、「これで正しいのか」「あれで良かったのか」と考えてしまうことは皆様もご経験があるかと思います。

ここで選択されるのは「人の生死」。迷う時間も皆無の切羽詰まった状況下でそれを行わなければならない。冒頭で主人公・牧村亮介は最愛の婚約者のトリアージを行っています。

赤いタグを引きちぎり、黒につけ変える。それは彼女が「これから死を迎える」という運命にあるということ。読み進んだ先に、彼がこの選択がしなければならなかった理由が登場しますが、辛くない訳がありません。

しっかり者の宮田看護師長が、自分の辛い立場を隠して状況に立ち向かう姿にも言葉が出ませんでした。リアリティ・感動と単純に表現してはいけないのだと思います。

物語はあくまで一人の医師の視点ですが、現実の東日本大震災または他の災害の中で、同様の経験をなさった方々は多いのですから。

多くの方、特に私のように映像でしか大災害をご存知ない方にお読み頂きたい作品です。辛い体験を通じ成長し、新しい決断へと向かう若き医師の姿をどうか皆様も見守って下さい。

作者の菊池川詠人さんは先日のtaskey Uのインタビューにもご登場されました。元ジャーナリストで社会派ライトノベルをメインに、エブリスタでも幅広い作品を掲載されている方です。taskeyでも短篇集も含めて多数投稿されていますので、そちらも合わせておすすめさせて頂きます。

taskey Uインタビュー記事はこちら→taskey小説家インタビュー Vol.12 「菊池川詠人」

 

お気に召したらLove it!(ラブ・イット)
菊池川詠人さんの『赤と黒2011 ~ Le Rouge ou le Noir』、応援よろしくお願いします。

次回は、伊月灯花さんの『人魚あざらし』を紹介させていただきます。
 

Cover photo by Mark Flickr

The following two tabs change content below.
nyan
taskey Uアンバサダー。nyan(にゃんこ☆)の名前で活動している、大阪在住の主婦です。絵も文も漫画も趣味として満喫中。まったり楽しくがモットーです。執筆は勿論ですが、taskeyさんでは沢山の作品を拝読させて頂きたいと思います。どこかで見かけたら構ってやって下さい。

関連記事

sakuhinhaiken

nyanの作品拝見!―第九回 雲居四季『ある旅人の話』

こんにちは、taskeyで小説掲載中のnyanと申します。 taskey Uではアンバ

記事を読む

6196811878_b6fa38ff88_o

nyanの作品拝見! ー 第5回 伊月灯花『人魚あざらし』

伊月灯花『人魚あざらし』を拝見しました! 皆様、こんにちは。Taskeyで執筆しておりますnyan

記事を読む

d8b5068909cd8ccb7707b823f62f3147

若頭の恋~裏の世界に咲く花~

taskey Uでは、必読の注目作品の紹介を行っていきます! それでは早速、記事の紹介をさせて

記事を読む

4066581817_4da01719ca_o

nyanの作品拝見! ー 第3回 水月金火『私、メリーさん。今、悲しみを背負っている少年の相談相手になっているの。 』

水月金火『私、メリーさん。今、悲しみを背負っている少年の相談相手になっているの。 』を拝見しました!

記事を読む

nyan10

nyanの作品拝見!―第十回 風城国子智『Amethyst』

皆様こんにちは、nyanと申します。 taskey Uのアンバサダーとして、他のtaskey掲

記事を読む

6025120829_4d582707f7_b

nyanの作品拝見!-第八回 仲村薫『峠に散る…』

こんにちは。taskeyで小説を書いていますnyanと申します。 taskey Uのアンバサダ

記事を読む

5603234574_44d2f4bf6b_b

nyanの作品拝見!―第7回 神田澪『ボーダレスエイジ』

皆様、こんにちは。taskeyで執筆中のnyanと申します。 今回もtaskeyさんに掲載されてい

記事を読む

75c1956cd08c91ae045f3881ae8b03cd

【作品紹介_ホラー】『アリスゲーム-赤-』

みなさんこんにちは。現在プロトタイプとして運用させていただいているtaskeyに、多くの方が作品を投

記事を読む

3508955479_d69d510081_b

nyanの作品拝見! ―第6回 鈴木 裕『アイプチ王子』

皆様、こんにちは。taskeyで執筆しておりますnyanです。 前回から間が空いてしまいましたが、

記事を読む

32697a0e2dd47149857258cce5943dc9

nyanの作品拝見! ー 第2回 三枝りりお『Albtraum』

三枝りりおさんの『Albtraum』を拝見しました! 皆様こんにちは、taskeyで執筆中のnya

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑