*

もっと身近に!スマートフォンで小説を書く、2つのポイント ー(前編)読む人の視点を意識する

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 小説ノウハウ ,

みなさん、こんにちは。

篠宮 あすかと申します。

この度taskey U編集部さまよりお話をいただきまして、スマートフォンで小説を書く上で、わたし篠宮が心がけているポイントを前半・後半の2回に分けて連載させていただくことになりました。

本連載の概要と自己紹介

スマートフォンで小説を書くポイントといっても、今回わたしが書かせていただくのは2つだけです。

「少ない!」と、思われる方もいらっしゃるでしょう。このあたり、篠宮の性格の表れですね(笑)

わたし自身、取説なんかの内容が細かいと途端に苦手意識が働いてしまうのです。

なので、普段わたしがもっとも配慮しているポイント2点に絞らせていただきました。

拙いばかりですが、暖かくお読みくださると嬉しく思います。

と。ここまでお読みくださった方々の中には「篠宮って誰だよ?」と、思われる方も多いかと存じますので、少しだけ自己紹介をさせてくださいね。

改めまして、篠宮 あすかという筆名で、taskeyE☆エブリスタでの執筆活動を行っております。
代表作としては『ITファミリー』『ひと匙のスパイス』『さようならの向こうがわ』『ココロ雨』『独身貴族の日常』などです。うち、『ITファミリー』におきましてはエブリスタ内・ヤングマガジン海賊版で『ITFamily』としてWebコミカライズ連載中です。

work_cover480
Webコミカライズされている『ITFamily』

では、自己紹介はこの辺りに致しまして……。
さっそく、内容に移っていきます。

読む人の視点を意識する

7857394546_10383b8a9a_o
Photo by LoJoLu Photography Flickr

“読む人の視点”
こんな風に書き出していますが、すでに執筆活動を行われている方は意識されてる方が多いのでは?

これから書いてみたい……。
そんな風にお考えの方も、難しいことはありません。普段のメールやラインなんかで無意識にできていることだと思います。

それでは具体的に、読む人の視点を考える上での要素を3つに分解して解説させていただきます。

①行間はデザイン

先述のメールやライン。
スマートフォンで読むという行為は、これに似た感覚があると感じます。

例えばメールで、行間がなく文字がギュッと詰まっていると……とても読みにくい。
みなさんも無意識に、行間を使ったりしているはず。

スマートフォンで、横書きで。読みやすさを考慮したとき、行間があると読みやすいという意見は、わたしの周囲でも多く聞かれます。

そして、もうひとつ。

行間を持たせることで、見えない空気感や読む人が自分に置き換えて入り込む余裕が生まれます。
これが「デザイン」と表現した理由でもあります。

あ、それから。
わたしは場面の転換などのタイミングで、行間を使ったりもしています。

かくいうわたしの作品、行間はギリギリだと作家仲間には言われていますが(笑)

②文字の量

これ、執筆場所によってなので一概には言えませんが……。しかも個人的尺度なので、参考までに。

ページ分けが可能な場合、わたしは300~400文字程度で書いています。自分が読むときにこれくらいがちょうどいいので。

行数なんかは作品の色によって変えたりもします。

例えば『ココロ雨』でいうと、わたしの中ではがっつり行が続いています。逆にライト、軽さを意識しているのは『独身貴族の日常』です。

文字数や行数で迷ったときは、一度、自分が読者になってみてください。客観的に眺めることで、段々とちょうどいい割合が決まってくると思います。

③文字の質

書き手によって別の空気を見せる。ここが文字の面白いところです。

量とも比例はしてくるのですが、わたしは字面を重視しています。

読みやすい漢字をあえて平仮名表記にしてみたり……。

文字の並び、語体の割合で画面をトータルプレビューして作り上げる。

「読む人の目線にはどう映るのか」を一部分だけでなく、全体を通して見ることも大事だと考えます。

 

さて。
ここまで急ぎ足で書かせていただきました前半、いかがでしたでしょうか?

これから書き始める方のヒントに、熟練さんは改めて振り返るきっかけに。
少しでも執筆のお役に立てれば幸いです。

次回、後半では「読む人と筆者のバランス」というポイントを置いて、書かせていただこうと思います。
第2回まで今しばらくお待ちくださいね。

 

The following two tabs change content below.
篠宮 あすか
篠宮 あすか
篠宮 あすかと申します。 スマホのみの執筆にてE☆エブリスタを拠点にtaskeyさまでもこっそりと活動させていただいております。 読み書きの分量は圧倒的に『書き』の方が多く、インプットの必要性を感じている今日この頃……。 こちらに集ったクリエイターのみなさまと、一緒にがんばっていきたいと思います!

関連記事

read2_01

校閲に対するネット作家さんたちの声を聞いてみた!『あなたは校閲を受けたことがありますか?』

こんばんは。来未炳吾です。 前回、「あなたの小説は校閲を受けていますか?『校閲の素晴らしさ

記事を読む

スライド1

一人称視点と三人称視点を小説ごとに使い分けよう

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 一人称視点、三人称視点といった言葉を聞い

記事を読む

questionnaire

作品を他人に見せる意義についてアンケートをとってみた

こんにちは、taskey U編集部の松下です。 さて、皆さんは自分の作品を他人に見せたこと

記事を読む

アイキャッチあ

何かを創作しようと思った時に試す3つの発想法

この記事を読む方は何かしら創作に携わっていることと思います。もしくはこれから始めようとしている方

記事を読む

blog-write

小説を書く人は、ブログも書いてみるべし

こんにちは、taskey U編集部の伊藤です。 私は小説を書くのと並行してあとーす

記事を読む

30歳からの物書き道

30歳からの物書き道 「思い通りに書けない自分に気が付くこと」

こんばんは、来未炳吾です。 前回のコラム「30歳からの物書き道 『地球が吹っ飛んだ、と

記事を読む

kamiiyu2

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第二回プロットの準備(中編)

どうも神威遊です。 前回のプロットの準備・前編の記事ですが、驚くほど反響がありました。

記事を読む

06_01

小説の序章に迷ったときに試したい3つの書き方

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 クリエイターのみなさまは、どんな場面から物語

記事を読む

kamiiyu5

毎日更新を継続するための七ヵ条~神威遊式連載術~ 第五回スイッチング

どうも神威遊です。 みなさん、taskey作品読んでますか? 神威遊が投稿した当初からする

記事を読む

文末表現1

「~る」?「~た」? 小説書きがつい気にしてしまう文末表現がどうなっているのか調査してみました。

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 #小説書きの悩みでもよく見かける「文末表

記事を読む

macsc
執筆環境激烈改善! Macショートカット入門(基本編)

どーも、NURE-Mこと横滑り木偶臣です。 マウスを使った操

higashinokeigo
東野圭吾入門 勝手におすすめ傑作5選

好きな作家として名前を挙げるとミーハーだと思われてしまう東野圭吾氏

tvgame
コンピューターゲームと小説創作の関係性

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 私を含め、

simplenote
スマホの小説執筆にメールよりSimpleNoteをおすすめする3つの理由

なにが薄毛かって聞かれると、基本的に前髪が目にかかりません──どう

beginner
初めて小説を書くときに「異世界もの」を避けるべき5つの理由

こんにちは! taskey U編集部の飯泉です。 「初めて小

PAGE TOP ↑